ANAと豊田自動織機、自動運転トーイングトラクターで手荷物搬送 佐賀空港で実施

0

2020年09月28日 08:21  TRAICY

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TRAICY

写真写真

全日本空輸(ANA)と豊田自動織機は、9月28日から10月5日までの間、国内初となる自動運転トーイングトラクターによる手荷物搬送を、佐賀空港で実施する。

今回の実証実験では、手荷物仕分場から車両通行帯を通り、出発スポットの機体横に到着。その後に車両通行帯を通り、手荷物仕分場に戻る、1周約200メートルのコースを、自動運転のトーイングトラクターで走行する。安全性やオペレーション品質、全体作業工程などを検証し、本格導入に向けた課題の整理や今後の具体的な業務設計につなげていく。

3月から実用化している手荷物積み付けロボットと接続することで、乗客から預かった手荷物を航空機に搭載する過程の自動化領域を広げていくとしている。ANAと豊田自動織機では、生産年齢人口減少に伴う労働力不足などに対応するため、トーイングトラクター自動走行の取り組みを進めている。

    ニュース設定