嵐・松本潤=かぜと戦うヒーロー“ルルアタッカー”!「ルルアタック」シリーズ新TVCM『カゼの声』篇、本日よりOA

0

2020年09月29日 04:00  M-ON! MUSIC

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

M-ON! MUSIC

写真掲載:M-ON! MUSIC NEWS
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■撮影は、ダッシュに飛び降りジャンプに組み立てやぐらの上でポーズ……と、まさに体力勝負!「なるべく自力でアクションにチャレンジしています」(嵐・松本潤)

【画像】新発売の「ルルアタックCX」

嵐・松本 潤が出演する、つらい症状によく効くかぜ薬“ルルアタック”シリーズの新TVCM『カゼの声』篇が、本日9月29日から全国で順次放送開始となる。
2018年より、世界をカゼから救うヒーロー「ルルアタッカー」として“ルルアタック”シリーズのTVCMに登場している松本 潤。新TVCM『カゼの声』篇では、つらいせきに苦しむ人々を、超人的な能力で素早く察知し、新発売の「ルルアタックCX」で救っていく様子が描かれている。今回も必殺技の「速攻アタック」をかっこよく決める「ルルアタッカー」松本 潤のダイナミックな演技に注目だ。

またTVCM『カゼの声』篇の公開に合わせ、「ルル」ブランドサイト内にオープンする「ルルアタックSPECIAL SITE」では、CM本篇映像、メイキング映像のほか、壁紙がもらえる「ルルアタッククイズ」などを楽しめる。10月以降も順次コンテンツを展開予定だ。

■TVCMについて
松本 潤が演じる「ルルアタッカー」は、「カゼウイルスに侵された世界を救うため、圧倒的な身体能力と、ルルアタックの力で、カゼと戦うヒーロー」という設定。近未来の日本を舞台に、必殺技の「速攻アタック」で、カゼに苦しむ人々を次々と救っていく。「ルルアタッカー」の超人的な身体能力は、以下のように細かく設定されている。

◇ATTACK_EYE
サーモセンサーの役割を持つ特別な眼。わずかな微熱や、のどの炎症さえもしっかりと感知する。任務完了後はいつも、喜びの涙を流す。
◇ATTACK_EAR
並外れた聴覚で、せき、くしゃみ、鼻水をすする音さえも感知。困っている人の声が聞こえたら、すぐさま駆けつける。
◇ATTACK_ARM
ルルアタッカーの必殺技「速攻アタック」を繰り出す最強の腕。そのスピードは時速300キロをも超えるという。必殺技が決まったあとのハイタッチには要注意。
◇ATTACK_LEG
「速攻アタック」に欠かせない鍛え抜かれた脚。一瞬で100mの高さにまで飛び上がり、強烈なアタックを叩き込む。超人的な脚力から繰り出されるスーパーアクションは必見。

■TVCM『カゼの声』篇 ストーリー
街を一望するひときわ高いビルの屋上で、目を閉じ、耳(ATTACK_EAR)を澄ます「ルルアタッカー」。「聞こえる・・・カゼの声」とビル群の中にせき込む女性を発見した「ルルアタッカー」は、間髪を入れずに飛び込んでいく。せき込み続ける女性が、猛スピードで飛んでくる「ルルアタッカー」を窓越しに見つけたのもつかの間、「つらいせきのカゼには、紫のルルアタック!」と、必殺技の「速攻アタック」を繰り出す「ルルアタッカー」。「ルルアタックCX」が紫色の光の玉となって女性に命中すると一瞬ではじけ飛び、みるみるうちに女性の表情は晴れやかに。症状が緩和した女性の様子に、「そのカゼに、速攻!」とポーズを決め、大満足な「ルルアタッカー」なのだった。

■TVCM『分身』篇 ストーリー(※『カゼの声』篇に先がけ、9月17日より好評放映中)
つらいカゼに苦しむ人たちを探し求め、街を疾走する「ルルアタッカー」。そこへ現れたのは「熱」「のど」「鼻水」「せき」のカゼの症状に苦しむ4人の男女。そのつらそうな様子を目の当たりにした「ルルアタッカー」は、「つらいカゼの症状は人それぞれ。だからこそ4つの……」と腕を大きく回す。すると「ルルアタッカー」の体は4つに分身し、「ルルアタック!」の声とともに放たれた「赤」「青」「緑」「紫」色の光の玉が、4人の男女へ向かう。発熱に苦しむ男性には赤い光に包まれた「ルルアタックFX」が、のどの痛みを訴える女性には青い光に包まれた「ルルアタックEX」が、鼻水・鼻づまりがひどい男性には緑の光に包まれた「ルルアタックNX」が、つらいせきが止まらない女性には紫の光に包まれた「ルルアタックCX」が、それぞれ命中。はじけ飛ぶ光の粒がぱっと広がるように、それぞれの症状が緩和し、4人の表情もみるみる晴れやかに。その様子に「あなたのカゼに、4つの速攻!」とポーズを決め、大満足そうな「ルルアタッカー」なのだった。

【撮影エピソード】
■超人的な身体能力を持つヒーローを自力で表現
今回のTVCM撮影は、最新作の『カゼの声』篇と、9月17日から放映されている『分身』篇が同時に行われた。前作までは、超人的な身体能力を持つ「ルルアタッカー」のアクション表現では、フルハーネス型の安全帯を装着してジャンプするワイヤーアクションや、リング型のハーネスを装着してのスピンシーン撮影などの手法が取られてきたが、松本が撮影終了後のインタビューで「ワイヤーを使わずに、なるべく自力でアクションにチャレンジしています」と話したように、今回は松本が“自力”のアクションで「ルルアタッカー」の超人ぶりを表現している。

街の中を疾走するシーンでは25mの距離をリハーサルと本番合わせて6本のダッシュ走、加えてカゼの症状に苦しむ人を発見するシーンでは10mの距離を5本、さらには1.5mの高さの台からの飛び降りジャンプ、スタッフにサポートをしてもらいながらの最高到達点が6mにもなる組み立てやぐらの上でのアタックポーズなど、まるでサーキットトレーニングをこなしているかのような体力勝負の撮影現場となった。撮影を振り返り松本は、「いろいろなアクションをやらせていただきましたが、今回も見ごたえのある作品になっていると思います」と、新TVCMの仕上がりに自信をのぞかせていた。

■松本のカゼ対策は……?
カゼをひいた時は「のど」と「せき」の症状が出ることが多いという松本に、自身の“カゼ対策”について聞いた。「特にこれからの時期は手洗いうがいを心がけています」という松本。ほかにも、加湿や短い時間でも湯船に浸かる、適度に運動するなどを心がけているそう。運動については「日常的にやるのはジョギングが多いです。歩けるくらいのスピードで、ゆったりウォーキングなのか、ジョギングなのかわからないくらいのスピードでやっています」と語った。

“ルル”ブランドサイト
https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_lulu/
    ニュース設定