草なぎ剛、ラジオで演技論を熱弁「無の状態でいたい」

0

2020年09月29日 05:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真10月3日放送の『文化放送サタデープレミアム 映画「ミッドナイトスワン」SP』(C)文化放送
10月3日放送の『文化放送サタデープレミアム 映画「ミッドナイトスワン」SP』(C)文化放送
 俳優の草なぎ剛、内田英治監督が、10月3日に放送される文化放送の特別番組『文化放送サタデープレミアム 映画「ミッドナイトスワン」SP』(後6:00)に出演する。

【場面カット】母性あふれる表情を見せる草なぎ剛

 本作は、故郷の広島を離れて東京・新宿で生きることを決断し、崩れ壊れてしまいそうな自己を自分自身で支えながら生きるトランスジェンダーの凪沙(草なぎ)と、親から愛を注がれることなく生きてきた少女・一果(服部樹咲)の姿を通して“切なくも美しい現代の愛の形”を描くラブストーリー。

 このほど行われた番組収録では、同作の舞台あいさつを終えたばかりという草なぎが「僕も一応アイドルなもので舞台挨拶だと『キャー!』とか歓声が飛び交う状況に、慣れてたんですけど、コロナの関係できょうは無音の中で登場しました。ただ、僕が笑い話をしてもシーンとなるのはいつものことだし、むしろ僕がスベっているのがわからないから、これはこれでよかったのかなと(笑)」と、笑いを交えながら振り返った。

 その一方で、作品の世界観や演技についての話題では真剣なトークを展開。内田監督は「最初は草なぎさんとめちゃめちゃディスカッションするぞと思って意気込んで撮影に入ったんですけど、見ているうちにディスカッションしないほうがいい方なんだなと思いました」と回顧。草なぎは「演技ってどうしても『やろう』としちゃうと、観ている人にも『次はこうなるのかな』とわかってしまって面白くなくなる部分があると思うんです。基本的にはその場で生み出すものがいいと思っているので、極力先のことをわかってない『無』の状態でいたいですね」と自身の演技論を話していた。
    ニュース設定