のん&橋本愛、7年ぶり共演で再び“親友”に「これ以上ない相手でした」

162

2020年10月20日 07:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真映画『私をくいとめて』で”朝ドラ”以来の再共演を果たす(左から)橋本愛、のん(C)2020『私をくいとめて』製作委員会
映画『私をくいとめて』で”朝ドラ”以来の再共演を果たす(左から)橋本愛、のん(C)2020『私をくいとめて』製作委員会
 女優で創作あーちすと・のんと俳優・林遣都が共演する映画『私をくいとめて』(12月18日公開)に、橋本愛が出演することが20日、発表された。橋本は、のんが演じるみつ子の親友を担当し、2013年に放送されたNHK連続テレビ小説以来、7年ぶりの共演となる。のんは、久しぶりの共演に「とてつもなく照れました」とするも「再び親友役。これ以上ない相手でした」と再タッグを喜んだ。

【動画】橋本愛も登場!映画『私をくいとめて』本予告

 原作は、『蹴りたい背中』で芥川賞を受賞した綿矢りさ氏の同名小説。のんが演じるみつ子は、独身生活が板についてきた31歳のおひとりさま。彼女がひとりでも楽しく生活できる理由は、脳内に相談役「A」がいること。何かに迷ったとき「A」はいつも正しい答えを導き出す。独身生活が続くと思っていたある日、みつ子は、年下営業マン・多田くん(林)に恋をしてしまう。両思いだと信じて、ひとりの生活に慣れたみつ子は、20代のころのように勇敢になれない自分に戸惑いながら、一歩前へ踏み出していく。

 橋本が演じるのは、イタリアに嫁いだみつ子の親友・皐月役で、映画オリジナルで妊婦という設定が追加された。橋本はのんとの共演について「あまりに久しぶりで、最初はとても照れました」といい「役としてお互いが目を合わせたときの、電気が走るような、心が通じる感覚。鮮烈でした。声を発して会話しづらい中、心の会話の気持ちよさを強く感じました。超超楽しかったです」と振り返った。

■橋本愛コメント全文
――出演のオファーをいただいていかがでしたか?
大九(明子)監督と綿矢りささんの最強コンビネーション作品に参加できることがうれしくて、撮る前から早く観たい! とお客さん気分でわくわくしました。とにかく脚本が面白くて、ポップでチャーミングなのに人間の深淵を描いていて、漫画を読んでいるようなライト感がありながら、ドッと心臓が鳴るような読後感。これこれ! とうれしくなりました。

――皐月という役柄に関して、ご自身で考えたことや大九監督とお話したことなどがあればお教えください。
皐月は原作で描かれた人間性をベースに、映画ではもっとみつ子との関係性に特化して、また一番今の時代が投影されるキャラクターになりました。はたからは幸せに見える条件がそろったような人でも、内実不安や恐れに毎日襲われていて、その弱さが見えたとき、みつ子を救うといいな、と。監督とは、みんな生まれながらのおひとりさまなんだ、という話をして、その言葉を大事に抱えて最後まで演じたつもりです。

――久しぶりののんさんとの共演はいかがでしたか?
あまりに久しぶりで、最初はとても照れました。それに、昔の私は相当やりづらかっただろうなという、ざんげの気持ちを常に持っていました(笑)。
でも今回、役としてお互いが目を合わせたときの、電気が走るような、心が通じる感覚。鮮烈でした。声を発して会話しづらい中、心の会話の気持ちよさを強く感じました。超超楽しかったです。

■のんコメント全文
かなり久しぶりに共演させていただいたので、とてつもなく照れました。最初は、目を合わせただけでドキドキしちゃうくらい恥ずかしかった! そのときの私は、好きな人にうまく話せない男の子のようでした。でも、愛ちゃんの方から本読みをしたいと声をかけてくれて、みつ子と皐月のやりとりで心を通わせることができたように思います。そして何と言っても再び親友役。これ以上ない相手でした。楽しかった!


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • かわいいねえ🤗
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • のんちゃん可愛いのぅ(*´ω`*)もっとドラマや映画に出て活躍してくれ https://mixi.at/ags8IEG
    • イイネ!51
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(81件)

ニュース設定