ふぉ〜ゆ〜「M−1」めぐって対抗心をあらわに 「練習を重ねるにつれて少しずつ亀裂が…」

1

2020年10月21日 05:21  エンタメOVO

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

エンタメOVO

写真会見冒頭、脚出しスタイルで登場したふぉ〜ゆ〜の4人
会見冒頭、脚出しスタイルで登場したふぉ〜ゆ〜の4人

 舞台「ENTA!3 4U.Zepp in de SHOW」制作発表が20日、東京都内で行われ、ふぉ〜ゆ〜の辰巳雄大、福田悠太、越岡裕貴、松崎祐介が出席した。

 ジャニーズ事務所の“異端児”ふぉ〜ゆ〜が毎年行っている、コントあり、ダンスありのエンターテインメントショーの第3弾。今回は、コロナ感染を防ぐためにゲストなしで実施する。

 福田は「この状況を逆手に取って、毎日、メンバーの1人が、各界の著名人などに成り済まして、いろんなトークをします。もしかしたら、政界から来るかもしれないし、すご腕の外科医が来るかも…」とアピール。松崎も「海外から来るかも」と期待をあおった。

 また、漫才日本一決定戦「M−1グランプリ2020」の話題も。福田と辰巳の「つ〜ゆ〜」は、先月末に予選1回戦を突破し、2回戦進出を決めた。つ〜ゆ〜は、昨年は3回戦まで進出している。

 一方、今年は松崎と越岡の「おつゆ」も同大会にエントリー。こちらも2回戦進出を決めた。

 4人は、「M−1の話になると、一気に『つ〜ゆ〜』VS『おつゆ』の空気が出ちゃう」「殺伐とする」と、苦笑交じりに告白。

 「最初は楽しくみんなで出場しようよ、という雰囲気だったのに、練習を重ねるにつれて、少しずつ亀裂が入ってきた。なんとなく、お互いに、負けないぞという気持ちが強くなってきて…」と明かした。

 さらにリポーターから「2回戦で直接対決となる可能性」を指摘された4人は、「まじ?」と驚きの表情を浮かべた。

 福田が「それは本当に嫌で、スケジュールを調整したい。でも、やるなら(自分たちが)先にやりたい」と語ると、越岡も「(相手が)1年先輩だけども、ステージに立つと、先輩とか関係ないから」と返して笑いを誘った。


(左から)越岡裕貴、福田悠太、辰巳雄大、松崎祐介

もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない場合はこちら

    ニュース設定