仲間由紀恵、最弱ジャケットの後ろ姿に「貫禄ですね」 BABA嵐放送直前に「良い芝居をしても『どうせババ抜きが弱い』がついて回る」と“王者”の嘆き

47

2020年10月22日 11:33  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真背中で語る女王(画像は仲間由紀恵公式ブログから)
背中で語る女王(画像は仲間由紀恵公式ブログから)

 女優の仲間由紀恵さんのスタッフが10月22日、「VS嵐」(フジテレビ系)内の企画「BABA嵐 ババ抜き最弱王決定戦」の放送を前にスタッフブログを更新。タイトルホルダーの証、最弱ジャケットを羽織った後ろ姿が「貫禄ですね」「三連覇期待してます」と話題です。



【画像】「どうせババ抜きが弱い」哀愁漂う背中



 2020年も「10の秘密」(フジテレビ系)に続き「24 JAPAN」(テレビ朝日系)、そして継続して出演中の「相棒」(テレビ朝日系)と数々のドラマに出演しあちこちで引っ張りだこの仲間さん。しかし2020年1月放送の「BABA嵐」で敗北し最弱女王の称号を獲得することに。ディフェンディングチャンピオンとして何としてもタイトル放棄すべく挑んだ4月の雪辱戦でも再び負け、屈辱のタイトル維持を経験しました。



 仲間さんをそばで支えてきたマネージャーUさんもこの10カ月を振り返り「まさかの2連覇中」「最弱女王の名を欲しいままにしてきました」と言いたい放題。人気女優を捕まえて「良い芝居をしても『どうせババ抜きが弱い』が常について回ります」とすっかり自虐モードに突入したかと思えば開き直り「連覇したあたりから『女王の貫禄』が漂ってきました」ともはや頼もしすぎるその背中をたたえています。こんな仲間由紀恵を誰が想像した。



 くしくも仲間さん本人が12日に更新したブログでは、出演中の「24 JAPAN」で演じる総理大臣候補の役に言及し「うららを演じると私も常に背中がピッとなります」と誇らしげに投稿。よもやその9日後に、最弱ジャケットを羽織って「ピッとなった」仲間さんの背中をさらされるとは夢にも思っていなかったことでしょう。



 お付きの者、もとい番組スタッフに最弱のやりを運ばせる女王の背中に「なるほど! 貫禄ですね!」「流石女王様、サマになっております」とファンも納得。女王の名を返上すべく気合いたっぷりで挑んだという雪辱戦へ向け「ジャケットお返しできるといいですね」「きちんと(先代最弱王の嵐)相葉(雅紀)さんにお返しして欲しい」とエールが送られています。しかしその一方で、一部のファンは行けるところまでとことん行ってほしいと「三連覇期待してます」「もうこの際 最弱王をつらぬいてもらいましょう」とタイトルキープを望むコメントを投稿しています。


このニュースに関するつぶやき

  • それでも話題になるだけかっこいいということだな。。(´∀`)
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • トリックの山田奈緒子に『ババ抜きが弱い』という設定が加わるのは面白いと思う。
    • イイネ!38
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(27件)

ニュース設定