コロナ禍の収入減を救う「50代からのハローワーク」狙い目の職業トップ10

0

2020年10月23日 11:00  週刊女性PRIME

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

週刊女性PRIME

写真※画像はイメージです
※画像はイメージです

 仕事探しにハンデがありそうなシニア層や主婦層でも、意外や意外。積極的に採用する企業が実は増えている。

“座り仕事”はハードルが高い

「主婦業をしっかりやってきた実績は、仕事探しでアピールポイントになります」

 と話すのは、中高年向け求人サイト『マイナビミドルシニア』の山田周右さん。掃除、洗濯、炊事、子育てなど主婦業はマルチタスクで、手際よくこなすための方法を日常的に考えて作業を進めなければならない。加えて、ご近所付き合いや学校のPTAなどで、コミュニケーション能力も必要とされる。

「採用側にとっては、効率的に業務を進め、職場の人ともいい関係を築けるだろう、という安心感があります。中でもおすすめなのが、配送系、スーパー、介護職です

 新型コロナ禍でネット通販利用者が増え、商品の仕分けや発送作業を行う軽作業の募集が活況。24時間稼働している職場だと、朝だけ、夜だけといった自分の都合に合わせて勤務の時間帯を選びやすい。

「ママ友の口コミをきっかけに、誘い合って和気あいあいと働いている方もいます」

 スーパーやコンビニは、自炊や中食(なかしょく)の増加で人材不足に。

「スーパーの新しい店舗ができるときは、特に狙い目。募集人数が多いので、レジ、品出し、調理など、希望の職種につきやすくなります」

 介護職は、介護経験があれば志望動機に説得力が増す。

「社員採用も活発なので、将来的に正社員を目指す方にもおすすめです」

 一方で、人気のため倍率が高いのが一般事務だ。

「事務職の経験がある、デスクワークで無理なくできそうなどの理由から常に倍率が高く、1名の枠に100人を超える応募があることも。ビジネス文書を作るのに慣れているなど何か特技がないと、難しいかもしれません」

 同じくコールセンターも多くの応募が集まるというが、

コミュニケーション能力を求められるので主婦は有利。大手なら研修やマニュアルがしっかりしているので、未経験でもチャンスはあります」

 選択肢が多いのはうれしい反面、どう選べばいいか迷ってしまう面もある。

「仕事を探すうえでいちばん大切なのは希望条件を明確にすること。求める収入額、残業やノルマの有無など譲れない点を整理して選べば、納得のいく仕事に出会えます」

採用につながる就活のポイント

【1】キャリアの棚卸し
 過去の仕事経験は、どんな仕事を何人でどのように進めていたのかなど具体的に振り返り、主婦業に専念していた場合は、介護や育児、PTA参加、趣味サークルの活動などを整理。採用側は「どんな人で何ができるのか」を知りたいので、アピールできることをまとめる。

□時系列に沿って経験を整理
□ブランク期も説明できるように
□自分の人となりを伝える準備

【2】希望条件を整理
 自分の要望をはっきりさせないと、応募先を絞り込むのは困難。例えば「夫の収入が10万円減ったから、埋め合わせに月8万円は欲しい」「介護と両立したいので休みがとりやすいほうがいい」など、希望条件をリストアップして優先順位をつけると探しやすくなる。

□目標の収入金額
□勤務できる曜日や日数
□雇用形態へのこだわり

【3】履歴書の作成
 履歴書はパソコン作成でも手書きでもOKだが、1社目で採用されることは少ないので、パソコンで入力しておくと作成の手間が減り、パソコン使いに慣れているアピールにも。手書きなら丁寧に書くこと。誤字・脱字がないか、西暦か和暦で統一しているかも注意する。

□パソコン作成が便利
□顔写真は必ず貼りつける
□ブランク期も記入

【4】面接を受ける
 必ずしも上下セットのスーツで行く必要はなく、薄いジャケットを羽織るなど普段着にきちんと感をプラスする。可能であれば、事前に職場を下見して働いている人を観察。髪は結んでいるか、化粧は薄いのかなどをチェックするとよりイメージが湧きやすい。

□TPOをわきまえたきちんと感
□清潔な印象を心がける
□ブランド品など華美なものは避ける

◎就活Q&A

Q)早く採用されたいときは?
A)同時に数社応募しよう

 1社目で内定がとれる人はごくわずか。1社受けて、不採用が決まってから次の会社を受ける……では、採用決定までに時間がかかってしまう。応募は「御社のことが気になります」という意思表示だと考えて、かけもちもOK。

Q)面接は本音で話してもいい?
A)質問・交渉していいんです

 受かりたいからと、会社からの条件をすべて受け入れる必要はない。例えば、自宅近くの職場なら昼休憩でいったん帰宅できるか、特定の曜日だけ早く帰宅するぶん、出勤時間を早められるかなど、気になることは確認しておこう。

Q)不採用で落ち込んだときは?
A)結果と能力は関係なし

 不採用の理由を伝えてくれる会社は少ない。だからといって、能力や人格が否定されたわけではなく、募集内容とマッチしなかっただけなので気持ちを切り替えて。落ちた会社に再度応募しても望みは低いので、別の会社に挑戦。

50代以降でも狙いやすい職業トップ10

 コロナ禍以降、求人が増えた職種や、シニアや主婦に好意的な職種をリストアップ。収入の目安や仕事内容など、仕事探しの参考に!

1. クリーンスタッフ……求人状況◎、時給900円〜1200円ほど
 オフィスビルや商業施設での掃除。未経験OKが多く、シフト・勤務日数が柔軟に選べる企業が多い。積極的なコミュニケーションは必要なくマイペースで働ける。

2. スーパーや日用品店のスタッフ……求人状況◎、時給900円〜1200円ほど(時間帯によって変動あり)
 朝から夕方は学生バイトが入れない時間帯のため、主婦層やシニア層の採用ニーズが高い。レジ打ち、接客、品出し、調理などから自分に合うものが見つかる。

3. 物流系の軽作業……求人状況○、時給1100円〜1500円ほど
 すき間時間またはフルタイムなど働き方の希望が通りやすい。比較的、高時給なので、稼ぎたい人向き。体力面よりも丁寧さを求められる仕事では、こまやかさが高評価に。

4. 一般事務……求人状況△、時給900円〜1200円ほど
 コロナでリモートワークが増えたことにより、欠員補充しないケースも。パソコンスキルが高い、特定分野のキャリアがあるなどの強みがあればチャレンジを。

5. 介護スタッフ……求人状況○、時給1000円〜1400円ほど(正社員の場合は年収300万円ほどからスタート)
 経験を問わず、50代からでも正社員や契約社員の募集が多い。コロナ禍以降は、安定的な職業としてヤング層からの応募が増えているので、早めの応募がベター。

6. コールセンター……求人状況△、時給1000円〜1300円ほど
 販売、営業など接客に関連する経験があると採用されやすい。丁寧な対応とコミュニケーション能力を求められる。時給は高めで、派遣社員での求人も多い。

7. マンション管理人……求人状況○、時給980円〜1200円ほど(正社員の場合、年収250万円程度)
 ゴミ出しや共用設備の保守・点検などを行う。男性シニアのイメージが強いが、女性ならではの柔らかいコミュニケーションを求められる現場も。正社員・契約社員登用も多数。

8. 給食調理……求人状況△、時給950円〜1100円ほど
 学校、病院、介護施設などでの募集が中心。学校給食は、子どもの長期休暇とスケジュールが合うので主婦層から人気が高い。働く人も50代前後が多いため溶け込みやすい。

9. ポスティング……求人状況△、チラシ1枚4円ほど、または時給1000円ほど
 ほとんどが業務委託で、いわゆる出来高制。すき間時間を使って自分の裁量でできるため、やる気次第で稼げる。運動不足解消を兼ねて始める人も多い。

10. コンビニ……求人状況◎、時給950円〜1200円ほど(働く時間帯によって変動あり)
 レジの仕組みや店内調理など作業内容は多岐にわたるが、1度覚えてしまえば別のコンビニでも応用がきく。通勤時間をかけずに自宅に近いエリアで長く働くことも可能。

※求人状況は、求人数の多い順に◎→○→△で表記しています。報酬目安は、首都圏の求人事例をもとにした編集部調べ。

働く主婦のリアルお仕事レポート

◎Y.Tさん(56歳・埼玉県)「15年以上、専業主婦でしたが今は月収30万円」
家族:夫、息子、娘/ペット関連のアイテムを扱う企業のコールセンター業務/週4日(8:30〜19:00)勤務/平均月収30万円

 大学卒業と同時に結婚して子どもを授かり、下の息子が10歳のとき、「お金を貯めよう」と働くことに。応募したのはコールセンター。「勤務経験はほぼゼロでしたが、自営で不動産業をしている夫の手伝いで、電話の対応には慣れていました」。その点をアピールして採用に。仕事自体は、研修制度があり不安なく取り組めたそう。「コールセンターの仕事は体力的に楽だし、家の近くなのが気に入っています。貯金もしっかりと増えていますよ」

◎R.Sさん(52歳・東京都)「さまざまな仕事経験が評価され一般事務に」
家族:夫、長女、長男/リース会社の一般事務/週5日(9:00〜17:15)勤務/平均月収26万円

 短大卒業後、航空会社、電機メーカーの事務を経て、27歳で結婚・出産。下の子が中学生になった44歳のときに、仕事を再スタート。「大手不動産会社のコールセンターの職に就きました。マンション住人の困りごと対応で、主婦の経験が生かせたと思います」。その後は編集アシスタントなどを経て、現在は一般事務に。「いろいろ経験してきたので、さまざまな要望に応えられる点が評価されたのかも。契約書の手配や発送などを行っています」

◎T.Mさん(65歳・東京都)「ヒマだった夜の時間に飲食店でアルバイト」
家族:夫、長女、長男/ファミリーレストランのキッチン業務/週2日(19:00〜24:00)勤務/平均月収5万円

 ご自身は東京在住、2人のお子さんは留学し、夫はリタイアして長野県で暮らしている。昼間は琴と三味線を教えているが、夜はひとりで自宅にいることが多く、ヒマな時間を有意義に使いたいと61歳でアルバイトを始めることに。主婦経験が生かせるとキッチン業務に応募した。「留学生なども多く、にぎやかで楽しい職場です。新しいメニューを覚えるのは大変ですが、学生さんたちからもやさしく教えてもらっています」

中高年の求人情報は効率よく探そう

 年齢条件でアウトにならない中高年に特化した求人情報はこちらをチェック!

【公益社団法人全国シルバー人材センター事業協会】
http://www.zsjc.or.jp/contact/

 高齢者が働くことを通じて生きがいを得て、地域の活性化を促す公益法人。全国に支部があり、原則として市区町村単位で置かれている。大きく稼ぐというよりは、楽しく働きたい人向き。

【すかいらーくキャリア】
https://crewrecruiting.skylark.co.jp/

 ガストなどを全国展開する「すかいらーくグループ」のパート・アルバイトを募集している求人サイト。年齢制限はなく、未経験でも仕事が始められ、意欲的であればキャリアアップ、社員登用も。

【マイナビミドルシニア】
https://mynavi-ms.jp/

 全国地域の40〜60代向け求人を常時、約10万件掲載する求人サイト。職種や働き方など希望条件を登録することで、マッチした求人のメルマガを受け取れるので仕事探しがしやすい。

(取材・文/樫野早苗)

《PROFILE》
山田周右さん ◎株式会社マイナビミドルシニア中高年の求人サイト『マイナビミドルシニア』編集長。企業の採用ニーズと、中高年求職者ニーズを調査し、働き方やライフプランに関する情報などを発信している。「生きがいを感じられる仕事を見つけて、笑顔になれる人生にしていただきたいです」

    前日のランキングへ

    ニュース設定