井ノ原快彦、“息子”道枝駿佑との撮影終了に名残惜しさ「なんで離れなきゃいけないの?」

0

2020年10月24日 12:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『461個のおべんとう』新場面写真が公開(左から)道枝駿佑、井ノ原快彦 (C)2020「461個のおべんとう」製作委員会
『461個のおべんとう』新場面写真が公開(左から)道枝駿佑、井ノ原快彦 (C)2020「461個のおべんとう」製作委員会
 人気グループ・V6の井ノ原快彦と関西ジャニーズJr.のなにわ男子・道枝駿佑が親子役を演じる映画『461個のおべんとう』(11月6日公開)の新場面写真が公開された。仲睦まじい2ショットからも感じられるように昨年10月から1ヶ月にわたる撮影期間中には本当の親子のように絆を深めた2人。井ノ原はクランクアップ時には、「なんで離れなきゃいけないの?」というほどの名残惜しさをにじませた。

【写真】舞台あいさつでは森七菜ら豪華キャスト陣が大集結!

 解禁されたのはシングルファーザーのミュージシャンで主人公の一樹(井ノ原)が高校入学が決まった虹輝(道枝)と、「3年間毎日おべんとうを作る」「3年間休まずに高校に通う」という親子の約束を交わす重要なシーン。本作が初共演となる2人は親子を演じる上で、コミュニケーションをとる時間を大事にしていたそう。
 
 井ノ原は、「息子役の道枝駿佑とは、毎日お昼ご飯を2人で食べていました。短い時間でしたが、親子に近づけたと思います」と語り、現場では緊張し、気を使って立っていた道枝に「座れよ。俺とお前の仲だろう」と、道枝の気持ちをほぐすように接していた。そして本作のエンディングでは息のあった親子セッションを披露しているが、撮影中にいつも2人で主題歌「Lookin’4」を口ずさみ、一緒に練習したという。

 また一方、道枝は「井ノ原さんとは親子の役だったのでお互い敬語を使わずに話そうよ、と言ってくださったり。動きや台詞も一緒に練習してくださり優しく接していただきました」とサポートに感謝する。ある撮影シーンでは、一樹が虹輝を見送るシーンに関して、井ノ原から「外に出やすいように、靴を履きやすい状態にしておけば?」と道枝にアドバイスをする一幕も。それに対し、道枝はすぐ「練習してみる!」としゃがみ、用意をするなど微笑ましいやりとりもみせていた。

 そして先月解禁された予告に登場する、虹輝が一人で海で叫び、葛藤する気持ちを爆発させる場面。道枝が自身の中で重要なシーンと捉えていると、井ノ原に話していたこのシーンの撮影当日には、井ノ原が道枝の様子を見に行き、息子を気遣う父親のようにその姿をそっと見守っていた。この濃密な時間を経て、築かれた2人の絆が一樹・虹輝親子の物語にリアルさを与えている。
    ニュース設定