松山ケンイチ、《ひきこもり》当事者の声をドラマ化「印象の変化に期待」

52

2020年10月25日 18:21  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真NHKスペシャル ドラマ『こもりびと』総合テレビで11月22日放送。10年間、ひきこもり生活を送る主人公を松山ケンイチが演じる (C)NHK
NHKスペシャル ドラマ『こもりびと』総合テレビで11月22日放送。10年間、ひきこもり生活を送る主人公を松山ケンイチが演じる (C)NHK
 年々深刻化するひきこもりの実態を取材してきたNHKスペシャル班の蓄積をもとに、《ひきこもり》当事者の声をドラマで描く、NHKスペシャル ドラマ『こもりびと』が、NHK総合で11月22日(後9:00〜10:13)に放送される。10年以上に渡ってひきこもり生活を送る倉田雅夫役で松山ケンイチが出演する。

【写真】父親役で武田鉄矢が出演

 重いストレスを抱え働けなくなったことがきっかけでひきこもりになってしまった雅夫。厳格な父・一夫(武田鉄矢)は元教師。地元でも尊敬を集める存在だが、雅夫の存在を世間から隠し、立ち直らせることもあきらめていた。しかし、自らの余命宣告を機に、最後にもう一度息子と向き合うことに。一方の雅夫は、閉ざされた部屋の中で人知れず、ひきこもりから抜け出す道を必死で探っていた…。ほかに、北香那、迫田孝也、根岸季衣などが出演する。

 脚本は、映画『フラガール』や連続テレビ小説『マッサン』、『とんび』(NHK)、『ダブルフェイス』などを手掛けた羽原大介氏。音楽は、上野耕路。挿入歌としてザ・ブルーハーツの楽曲が使用される。

 松山は「ひきこもりの特性上、関係のない人たちが作り上げた像がそのまま認識されているような気がします。切り捨てても良い存在。自分たちには関係の無い人種。でももし、ひきこもりの人がいなかったら誰が思いやりや優しさよりも効率ばかり求める社会にNOと言えるのかなと少しだけですが当事者に触れてみて感じました。ステレオタイプのひきこもりからこの作品を通して少しでもその印象が変化していく事に期待していますし、各々の捨ててしまったもの、忘れてしまったものを振り返る機会になっていただけたらと思っています」と、コメントを寄せている。

このニュースに関するつぶやき

  • ����NHKスペシャル ドラマ『こもりびと』を見てたら 涙が止まらない! 「これは15年前のオレの姿だ!」と思った。 ビデオに録画したので これから毎日 見ます!����������
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 松平健だと思った人 →ノ
    • イイネ!26
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(32件)

ニュース設定