田中圭主演『先生を消す方程式。』前代未聞の“フライングドラマ”が新登場

2

2020年10月26日 16:28  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真土曜ナイトドラマ『先生を消す方程式。』異例のフライングドラマ配信決定(C)AbemaTV, Inc.
土曜ナイトドラマ『先生を消す方程式。』異例のフライングドラマ配信決定(C)AbemaTV, Inc.
 主演・田中圭×脚本・鈴木おさむのタッグによるテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『先生を消す方程式。』(31日スタート、毎週土曜 後11:00)で、本編に隠された謎や真実につながるヒントを、本編よりも先に(=フライングして)明かしてしまう前代未聞の“フライングドラマ”が「ABEMA」で配信されることになった(31日スタート、毎週土曜 後11:35〜)。一般的なスピンオフドラマとは一線を画す“フライングドラマ”は、ドラマ史上初の試みとなる。

【写真】進学校の教師役で主演する田中圭

 同ドラマは、田中演じる進学校の教師・義澤経男が、高IQの生徒たちに命を狙われるという異常な状態から回収しきれないほど謎が謎を呼び、先の読めない怒とうの展開を見せる異色の学園サスペンス。副担任役で山田裕貴、高IQの生徒役を、高橋文哉、久保田紗友、森田想、高橋侃、秋谷郁甫ら5人が務演じる。義澤の恋人役で松本まりかが出演する。

 鈴木氏は「最近よくあるスピンオフドラマよりも、これを見ておくと、今後本編でバラされる秘密などがかなりフライングで出てきてしまうドラマです。何気ないせりふ一個一個を聞き逃さないで欲しいです」と、フライングドラマの“見方”について語る。

 フライングドラマに出でてくるのは、義澤と関連の深い誰か。鈴木氏は「とある出演者の怪演が、本編よりもかなりアクセルを踏んでいます。この作品だけで見ても面白いと思えるドラマになっています。新しいドラマになっていますので、ぜひ見ていただきたいです」とアピールしている。

このニュースに関するつぶやき

  • もし地上波でとかなら、フライングの奴を録画して本編を最終話まで観てから観る。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定