槙野智章、経営者としてイベント登場 批判に反論「結果を見て」 “驚異の守備力”七三ヘアの秘密公開

0

2020年10月27日 18:28  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真経営者としてイベントに登場した槙野智章 (C)ORICON NewS inc.
経営者としてイベントに登場した槙野智章 (C)ORICON NewS inc.
 サッカーJ1・浦和レッズDFの槙野智章が27日、都内で行われた。入浴剤『バスクリン』の90周年記念スペシャルコラボレーション企画記者発表会にコスメブランド・HALTENの社長として参加した。

【全身ショット】黒のジャケット&パンツを着こなした槙野智章

 バスクリン、HALTEN、セレクトショップ「FREAK'S STORE」の3社で90周年のコラボを実施。バスクリンの三枚堂正悟社長、FREAK'S STOREを運営するデイトナ・インターナショナルの鹿島研社長と共に登壇した槙野は「七三ヘアが特徴的。スタイリングで生き方を変えていくというのをブランドコンセプトに立ち上げた会社となっております。今はスタイリングにこだわってやっていますけども、もっと活動の場を広げて、みなさんに喜んでいただけるような商品を作っていきたい」と経営者として語った。

 HALTENは今期で3期目。この日は会社の社長としてイベントに参加した。「いろいろな声もあると思います」とピッチ以外での活動に賛否があることを認めつつも、「今は自己プロデュースの時代だと感じています。サッカー選手の寿命、その先にあるセカンドキャリアのことを考えると、サッカー選手の時に活動できること、築き上げる人脈、出会いやチャンスを生かして、この活動しております」と説明。加えて「高揚感と楽しさがサッカーにもつながる。これがピッチの上で表現できない、ストレスになるとダメだと思いますけど、僕自身のプレー、結果を見てもらえれば分かるように活動や出会いがいい刺激になっている。今後も活動を広げていきたい」と社長業に対する批判に反論していた。

 トレードマークの七三ヘアの秘密も公開。「ジェルに関しては、うちの製品を使ってもらうと、こうなる」とアピールしつつ「1番、大事なのは水と摩擦を防ぐための熱を加えること。ドライヤーの熱を加えることで、ものすごくキープされる」とにっこり。ただ「ヘディングにおける摩擦は、この髪にとって嫌な相手」と天敵も明かして笑わせた。

 また、お風呂トークも。「プロサッカー選手ということもあって、お風呂は大事にしている時間。遠征先でも長い合宿でホテルでの生活も多いですけど、常にバスタブにお湯をためている。(バスクリンは)2018年のロシアW杯の時も使わせていただきました」と明かし、「33歳になり、プロサッカー選手としてはベテランの域になってきた。毎日のお風呂タイムが活力とリカバリーにつながっている、なくてはならない時間」と愛を語る。

 2018年に結婚した際に建てた家には水風呂もあったそう(現在は引っ越し)。トイレそうじにこだわることで知られるが「お風呂そうじもしっかりやっています。水あかや水滴が残らないように意識している。お風呂そうじは僕の担当です」と笑顔で明かした。このコラボについて高梨は「やっと私にとって、いいアイテムができた」と話していたことも紹介された。

 コラボ商品はボディソープなど。
    ニュース設定