乃木坂46白石麻衣、ファンが選ぶ“後世に語り継ぎたいまいやん伝説”【読者アンケート結果】

34

2020年10月27日 19:18  モデルプレス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

写真白石麻衣(C)モデルプレス
白石麻衣(C)モデルプレス
【モデルプレス=2020/10/27】28日に行われる配信コンサート「NOGIZAKA46 Mai Shiraishi Graduation Concert〜Always beside you〜」をもって、乃木坂46から卒業する白石麻衣。モデルプレスでは「後世に語り継ぎたいまいやん伝説」と題し、“白石のすごさ”を象徴するエピソードをファンから募集。その中から6つエピソードを紹介する。

【写真】乃木坂46白石麻衣、卒業延期に本音 白石巡る松村沙友理VS生田絵梨花の戦いも勃発


◆「まいやん伝説」その1:松村沙友理をナンパから救出

【まいやん神エピソードその1】
「乃木坂46オーディションの帰り道、ナンパされている松村沙友理に気付き、初対面ながら勇気を出して『一緒に帰ろう!』と声をかけ救出したそうです」(10代/女性他)

オーディション時から目を引く存在であったため、ナンパされているのがすぐに松村だと分かったという白石。同い年の仲良しコンビ“さゆまい”で知られる2人は、この出来事をきっかけに固い絆で結ばれたといっても過言ではない。

◆「まいやん伝説」その2:生駒里奈のためにティッシュ配り

【まいやん神エピソードその2】
「生駒ちゃんがAKB48と兼任になった時のこと。AKB48の総選挙に参加することになり、知名度アップのために生駒ちゃんが1人でティッシュ配りをしていると、まいやんが『みんなで何かしてあげたい』と声をあげ乃木坂46メンバーみんなでティッシュ配りをしたこと」(10代/男性他)

2014年、公式ライバルという関係にあるAKB48に「交換留学生」として兼任していた生駒里奈。発表当時はメンバーやファンの間に衝撃が走り、受け入れられないという人も多かった。

そんな中、生駒のためにと自らメンバーに呼びかけた白石。当時休業を発表していた生田絵梨花含むメンバー全員で全国に散らばり、ティッシュを配りきった。今や抜群の知名度を誇る乃木坂46の原点とも言える出来事だろう。

◆「まいやん伝説」その3:卒業メンバーへの粋な計らい

【まいやん神エピソードその3】
「2018年に行われたバスラにて。トリプルアンコールの『ガールズルール』の途中で神宮に居た白石麻衣が1人秩父宮に飛び込んで来た。卒業を控えた斎藤ちはると相楽伊織の後ろに回り、遠慮する2人をフロントへと押し出した」(10代/男性)

「明治神宮野球場」と「秩父宮ラグビー場」の2会場を使って行った「乃木坂46真夏の全国ツアー2018“6th YEAR BIRTHDAY LIVE”」。卒業を控えていた斎藤ちはると相楽伊織は同ライブがラストライブとなった。

トリプルアンコールでは白石がセンターを務める楽曲「ガールズルール」を披露。曲冒頭、明治神宮野球場で会場を沸かせた白石は1人秩父宮ラグビー場に向かうと斎藤と相楽の背中を押し、遠慮する2人をセンターポジションに立たせた。

1期生として共に歩んできた斎藤と、白石を「憧れ」と語っていた2期生・相楽の門出を祝う粋な計らいは、今もなおファンの間で語り継がれている。

◆「まいやん伝説」その4:後輩メンバーへの厳しさと愛のある指導

【まいやん神エピソードその4】
「2期生が加入してきて間もない頃テレビ番組で、2期生を前に『2期生はプロ意識がない。全部叩き直したい。』と発言したシーンがありました。そんなことを言うイメージがなかったのですが、常に本気で乃木坂46の将来のことを考えた上での叱咤激励であり、まいやんはすごく真面目で、強い芯を持った素敵な人だと改めて感じたシーンでした」(20代/男性)
「2期生が並びが少しズレて、それに対して上の人が怒ってる時に返事が無かったことに対し白石麻衣さんが『2期生、返事は!』と言っていたそうです!」(20代/男性)

2013年に加入した乃木坂46の2期生。2014年には冠番組「乃木坂って、どこ?」にて、既に乃木坂46の中心メンバーとしての自覚を持っていた白石が2期生に対し「プロ意識がない。ないって言うと悪いけど、そういうところを感じる。大人の人に対して敬語を使ったりとかね。そういうところも含めて全部叩き直したい」と発言するシーンがあった。

また2013年夏のツアーのリハーサル中、ペアダンスのズレを演出家に指摘された2期生が動揺してしまい返事をしなかったことに対して、白石が「2期生、返事は!」と声をかけたことも。

2期生メンバーも「ちゃんと言ってくれる先輩は貴重」と語っている。常にグループのことを思い、厳しさと愛のある指導をしてきたことが、白石が後輩メンバーから慕われ続けてきた理由の1つではないか。

◆「まいやん伝説」その5:後輩の掲載雑誌をチェックするほどのメンバー愛

【まいやん神エピソードその5】
「後輩からチョコレートを貰えると思った先輩メンバーが立候補するという冠番組のバレンタイン企画で、何人かのメンバーに立候補したまいやんは、その理由を『雑誌で褒めてくれていた』『マネージャーさんから聞いた』などと言っており、後輩のインタビューまでしっかりチェックしていたことが伝わってきた」(10代/女性)

乃木坂46の冠番組「乃木坂工事中」(毎週日曜深夜12時〜)で2018年に放送された、バレンタイン企画。3期生メンバーがプレゼントをあげたい先輩を選び、先輩メンバーは自分が貰えると思ったら立候補するというものだった。

梅澤美波の番で立候補した白石は「マネージャーさんから聞いたんですけど、私のことを待ち受けにしててくれたみたいで」と語り、山下美月の番には「雑誌で私のことを好きって言ってくれてて」と話していた。

当時から多忙な日々を送っていた白石だが、後輩が掲載された雑誌をチェックするなどメンバー愛に溢れた人柄が伝わってくる。

◆「まいやん伝説」その6:メンバーに寄り添った心配り

【まいやん神エピソードその6】
「乃木坂4期生の北川悠理ちゃんが楽屋で勉強をしていて他のメンバーが話している輪に入れないでいた所を、白石麻衣さんは悠理ちゃんに寄り添って教科書を見ながら一緒に勉強してあげたというエピソードです」(10代/男性)

白石が卒業発表をした翌日、北川が自身のブログにつづったエピソード。高校のテスト期間で楽屋で勉強していた北川は、メンバーの話す輪に入りたいと思いつつ勉強をしなくてはならないというジレンマに陥り辛かったそうだ。そんな北川を見た白石は、北川に自ら話しかけ家庭科の教科書を一緒に読んだという。

他にも、白石に救われたというメンバーは多く存在する。例えば、心身ともにボロボロになった2期生の渡辺みり愛を見た白石は渡辺のもとに駆けつけ、次の日にはお下がりの洋服を大量にプレゼントしたそうだ。この出来事を渡辺は「そういう元気付けがすごく嬉しかった」と語っている。

また、休養していた3期生の大園桃子を常に気にかけご飯に誘ったことや、乃木坂46のレッスンの際体調を崩してしまった井上小百合に自分の私服を掛けたことなど、白石の心配りと優しさに溢れたエピソードは底をつかない。

◆あなたにとって白石麻衣の存在は?

・「女神」
・「一番尊敬できる人」
・「永遠の憧れの存在」
・「自分が乃木坂を好きになったきっかけ」
・「乃木坂46の象徴」
・「最高の推しメン」

…などのコメントが届いている。印象的だったのは、女性から「憧れ」というコメントが多く寄せられたことだ。今や男性のみならず女性のファンも多い乃木坂46。白石は、女性ファンの獲得に大きく貢献したメンバーの1人だろう。

9年以上乃木坂46として活動をしながらもモデルや女優など、活躍の幅を広げ多くの人に支持されてきた白石。乃木坂46卒業後も持ち前の美貌と温かい人柄でたくさんの人を魅了し、飛躍していくことが期待される。

◆白石麻衣へ…ファンからのメッセージ

・「9年という長いアイドル生活本当にお疲れ様でした!そしてたくさんの感動と幸せをありがとうございました!同じ時代に生きることが出来て本当に幸せです」
・「ライブでのまいやんの煽りが聞けないと思うと寂しいです。9年間本当にお疲れさまでした!」
・「心の底から白石さんを大好きだということと、ずっと支えになってくれていることの感謝を一番に伝えたいです。これからの活躍も楽しみにしています。ずっと応援させていただきます!」
・「今の僕があるのは、まいやんのおかげです。今は直接ありがとうは伝えられないけどいつか必ず伝えます。これが今の目標であり生きる希望です!」
・「まいやんの乃木坂に対する姿勢、たくさんの愛があったからこそ、乃木坂がこんなにも輝いているのだと思います。いつでも謙虚でメンバー想いのまいやんが大好きです!乃木坂から羽ばたくまいやんがいつまでもずっと幸せでありますように」

(modelpress編集部)

回答数:829件
調査期間:2020年10月7日〜10月14日

【Not Sponsored 記事】

このニュースに関するつぶやき

  • �Ԥ��Ԥ��ʿ�������女神�Ԥ��Ԥ��ʿ�������
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 黒石さん
    • イイネ!4
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(13件)

ニュース設定