F1エミリア・ロマーニャGPを前に、ラッセルのコーチが体調不良で自主隔離。いずれもコロナ検査結果は陰性

0

2020年10月30日 14:41  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)
ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)
 ウイリアムズF1チームは、ジョージ・ラッセルのフィットネスコーチであるアレックス・カサノバスが新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の症状に似た軽い呼吸器症状を感じたため、自主隔離に入っていることを明らかにした。

 カサノバスは、今週水曜の検査で陰性の結果が出ているものの、イモラのパドックに入る前に、金曜に再度検査を行う。ラッセルとはポルトガルGPの日曜日以来接触していないということだ。

 ラッセルはF1の通常のプロトコルにしたがって火曜日に検査を受け、陰性だった。ウイリアムズの定期的な検査スケジュールによって金曜日にも検査を行う。

 ウイリアムズ広報は木曜に次のような声明を発表したと『Motorsportweek』が伝えた。
「ジョージ・ラッセルのパフォーマンスコーチは、今朝軽い呼吸器の症状が出たため、FIAのガイドラインにしたがって本日自主隔離に入っている」

「彼の昨日のCOVID-19検査では陰性と出ているが、明日、パドック外で予防措置として再度検査を受け、その後、FIAからの指示を待つ」

「彼はポルトガルでのレースデー以降、ジョージと接触していない。ジョージはイタリアに本日入国するために、予定されていたCOVID-19検査を火曜日に受けたが、結果は陰性だった。彼はチームの定期検査スケジュールに従い、金曜日にサーキットで再び検査を受ける」

 ウイリアムズの正式リザーブドライバーは現在FIA-F2に参戦するジャック・エイトケンだ。彼は今シーズン、リザーブ兼開発ドライバーとしての役割の一環として、いくつかのレースでチームに合流している。
    ニュース設定