1万円札が300万円に!番号と年号に注目「プレミアムコイン&紙幣」の見つけ方

153

2020年10月31日 08:00  週刊女性PRIME

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

週刊女性PRIME

写真※写真はイメージです
※写真はイメージです

 1円が1000円に、5円が10万円に、1万円が100万円に……。そんな夢のような話が現実に!? お札に印刷された番号や硬貨の年号、はたまた製造エラーなど、知る人ぞ知るお宝情報を大公開!「意外と流通している」と言われているから、お財布や貯金箱の中身を取り出して、お宝探ししてみませんか。

実は意外と手に入りやすい

 プレミアムコイン&紙幣って、まずお目にかかれないレアなものなのでは……。

おつりでもらうこともありますし、すでに手元にあってもおかしくはないですよ

 と語るのは、自身も収集を楽しんでいるという、ファイナンシャルプランナーの伊藤亮太さん。取材当日、「たまたま先ほどお釣りでもらいました」と、1枚の紙幣を取り出しながら見つけ方をいろいろ教えてくれました。

紙幣でチェックしたいのは、紙幣の左上と右下にある、アルファベットと数字の組み合わせでできた記番号いちばん高値がつく のは、左側にAがひとつ、右側にAがひとつある、AA券と呼ばれるものになります

 AA券は初期に印刷された紙幣で、その1枚目となる「A000001A」は、貨幣博物館に永久保存。AA券の中でも、数字が若いほど高値がつくそう

「以前、とある鑑定番組に『A000007A』の一万円札が登場しましたが、その鑑定価格は300万円でした」

 AA券だけでも99万9999枚あるから、意外と手に入りやすいかも!?

AA券だけでなく、最初と最後のアルファベットがZのZZ券もプレミアですね

 チャンスは倍に! ちなみに、取引価格は折り目がないなど、紙幣の状態によっても左右されるそうですが、

「紙幣の種類は関係なく、千円札でもOK。聖徳太子の一万円札や岩倉具視の500円札などの古いお札も、AA券ならかなりの値がつきますまた、数字の並びが、777777や111111といったぞろ目、123456もプレミア紙幣に

 その他、かなりレアな存在にはなりますが、裁断ミスで角に紙の切れ端がついているものや、透かしが円の中心ではなく左右どちらかに偏って印刷されている、『エラー紙幣』といわれる紙幣も、高値で取引されています

狙い目は、発行枚数1万枚以下

 続いては、小銭をチェック!

「硬貨は発行枚数の少ない年号のものがプレミアムに。例えば、1円玉は年に1億枚ほど造られる年もありますが、令和元年は50万枚程度しか発行されなかったため価値が上がりました。

 平成23年〜平成25年の1円玉・5円玉・50円玉は『ミントセット』(造幣局発行のケース入り貨幣セット)として販売するためだけに造られたため、発行枚数が極端に少なく、価値が高騰普通だったら市場に流通していないはずのものですが、コレクターが手放したものが出回り、おつりなどで手にすることもありえます

 5円玉、50円玉のエラーコインも、レアながら意外と見つかる可能性がありそう。

「見つけて、売りたいときは、お小遣い稼ぎ程度ならヤフーオークションが手軽。価値が高いものは、コイン商のオークションに出品するか、買い取りを依頼するといいですね」

 伊藤さんは、「海外のコインや記念硬貨にも、ぜひ注目してもらいたい」とも。

イチオシは、2019年に発行された、『ウナとライオン』の金貨と銀貨。これは、“世界一美しい金貨”との異名をもつ、1839年にイギリスで発行された金貨の復刻版。オリジナルは世界に400枚しかなく、現在、1億円以上の値がついています。今年7月、復刻版の銀貨を適正価格の12万円で手に入れたのですが、その後なぜか人気が急上昇。今、40万円前後にまで上がっていて、やったー! と思いました」

 海外のコインは世界中にコレクターがいるため、人気が出ると取引価格が急に跳ね上がることもあるのだとか。

日本の記念硬貨では、47都道府県ごとに発行された『地方自治法施行60周年記念千円銀貨幣』の岩手県のコインが、“世界で最も美しい貨幣”賞を受賞したことで、価値が上がっています。販売価格は6000円ぐらいでしたが、今は5万円ほどで取引されているようですね」

 記念硬貨を持っているという人は、今の相場を調べてみると思わぬ高値の可能性も。 

「記念硬貨はアニメとコラボしたものなど、多くの種類が発行されていて、続々と新しいものも登場しています。今後プレミアがつくのを期待して購入するなら、発行枚数が1万枚以下のものが狙い目

 抽選で倍率が高いものほど、高値がつく可能性がありますこれはあまり教えたくないのですが(笑)、造幣局のメールマガジンに登録するといいですよ販売情報などが楽に手に入ります

新札が出る日に銀行で両替すべし

 知れば知るほど奥が深く、一獲千金のチャンスが広がりそうなプレミアムコイン&紙幣の世界。少し先ですが、2024年、お札が新しくなるタイミングも要チェック!

新札が出る日に銀行に行って両替すれば、AA券が手に入るかも。どの銀行にAA券がいくのかは公表されないので運任せではありますが、もし手に入ったらラッキー。欲しいという人にすぐ売れて、高値がつくと思います。実は私も、その日を今から楽しみにしているんです」

●もし見つけたらラッキー! 10万円以上の価値がある“珍品”2千円札

 今ではほとんど見ることがなくなった2千円札。現在、残念ながらお札自体にプレミアはついていないものの、ものすごいエラー紙幣が存在。

 記番号は上下で一致していなくてはいけないものなのに、上と下で「J」と「L」と異なっています。通称「JL券」と呼ばれるこの珍品。折り目などがない美品の場合、少なくとも10万円以上、50倍〜100倍程度の値段で取引

●5円玉、50円玉の穴に注目! 

 穴あきコインで見つかるのが、穴がずれているエラーコイン。年号が新しいもの、ズレが大きいものほど価値が上がり、平成の年号で10万円以上、ズレの大きいものが50万円以上で取引されたケースも。ごくまれに穴が埋まっているものもあり、こちらも30万円程度と高額に。

●プレミアになるかも!? 「ミントセット」って?

 造幣局が毎年販売している貨幣セットの名称で、その年に作られた1円〜500円玉の未使用硬貨がワンセットになっているもの。ますますキャッシュレス化が進む今。令和のミントセットが近い将来、プレミアとなる可能性も!?

「抽選販売になる年もありますが、2000〜3000円ぐらいで買えるもの。ちょっとした楽しみとして、毎年収集してみては」(伊藤さん)

取材・文/長谷川英子 イラスト/アライヨウコ

教えてくれたのは…… 伊藤亮太さん
 ファイナンシャルプランナー、オールアバウトガイド。慶應義塾大学大学院商学研究科修士課程修了。証券会社勤務を経て、独立系FP会社「スキラージャパン株式会社」設立。家計簿診断などのライフプランニング、資産運用などの相談を行う。『あなたの街でも砂金が採れる!? 〜令和時代の砂金採り入門〜』(ファストブック)ほか著書多数

このニュースに関するつぶやき

  • 金色の一万円札持ってるよ、ちょっと固ぇけど
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 自分の生まれた年代のお金を見つけたら少し嬉しい https://mixi.at/agDLfnR
    • イイネ!25
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(71件)

ニュース設定