細田善彦と小澤廉がキャラかぶりでバッチバチ!共演NGは中井貴一と鈴木京香だけではなかった

0

2020年10月31日 09:02  テレビドガッチ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

テレビドガッチ

中井貴一と鈴木京香が出演する連続ドラマ『共演NG』(テレビ東京系、毎週月曜22:00〜)の第2話が、11月2日に放送。第2話では、共演NGキャストが全員集合し、一触即発の「本読み」が行われる。

本作は長く芸能界の第⼀線で活躍してきた秋元康だからこそ描ける「業界の裏側」にスポットを当てた原作を、主演・中井、ヒロイン・鈴木の最強タッグ、そして大根仁の演出でドラマ化したもので、共演NGの役者ばかりが集められたドラマの制作現場の舞台にしたコメディと、胸がときめくラブストーリーが描かれていく。

10月26日に放送された第1話で、企画・脚本・演出・宣伝すべてに携わるショーランナー市原龍(斎藤工)の策略が成功し、制作発表の配信がバズり、成功したテレビ東洋の新ドラマ『殺したいほど愛してる』。PR担当で市原の秘書的存在である与謝野・M・リリカ(瀧内公美)の手腕も見どころとなった。

第2話では、ついに本読みの日を迎えるが、想定外の反響に浮つくプロデューサー達とは裏腹に、佐々木信也(森永悠希)、楠木美和(小島藤子)らスタッフは頭を抱えていた。なぜなら遠山英二(中井)と大園瞳(鈴木)以外の、共演NGのキャストが全員集合するからだ。

時代劇の大御所・出島徹太郎(里見浩太朗)とニューヨーク帰りの小松慎吾(堀部圭亮)による元師弟対決。売れっ子の内田梢(小野花梨)と先輩・篠塚美里(若月佑美)による元アイドル対決。戦隊モノでブレイクした佐久間純(細田善彦)と2.5次元で人気の加地佑介(小澤廉)によるイケメンキャラかぶり対決……。案の定、本読みでは早くも共演NGバトルが勃発!?

不穏な空気のまま迎えたクランクインでは、出島と小松が演技プランで衝突し、撮影がストップしてしまう。なんとか再開させようと、座長である英二と瞳が奔走するのだが……。
    ニュース設定