三濃川陽介、主演作で“添い寝屋”を熱演「実際のお店で研修した」

0

2020年10月31日 20:30  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真映画『クローゼット』の公開記念舞台あいさつに出席し三濃川陽介 (C)ORICON NewS inc.
映画『クローゼット』の公開記念舞台あいさつに出席し三濃川陽介 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の三濃川陽介、女優の栗林藍希、進藤丈広監督らが10月31日、都内で行われた映画『クローゼット』の公開記念舞台あいさつに出席した。

【写真】栗林藍希、新井郁、渡辺いっけいらも登壇

 同映画は、交通事故で“男性機能”が不能になった男が“添い寝屋”として多くの人々と巡り会い、自分を取り戻していく物語。

 主演の三濃川は、役作りのため「実際に添い寝屋さんのお店に行って、研修させていただいた。添い寝についていろいろと勉強しました」と告白。劇中では、練習の成果を発揮したが、進藤監督は「めちゃくちゃ女性の扱いが上手になっちゃった。『いやいや、この台本の役はそうじゃないでしょ』ってなって、元に戻してもらいました」と、異例のダメ出しをくらったようだ。

 舞台あいさつにはそのほか、栗林藍希、新井郁、尾関伸次、青柳尊哉、渡辺いっけい、進藤丈広監督が出席。キャストを代表して、三濃川は「この作品を通して、人に寄り添うこと、そして人との出会いで人生が成り立っているんだと改めて感じました。皆さんの心に残るものがあればうれしいです」と呼びかけた。
    ニュース設定