岡副麻希『おりたたみおかぞえさん』の魅力は「軟体ポーズ」だけではないーー心の「やわらかさ」も楽しめる名作

0

2020年11月18日 08:01  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真『おりたたみおかぞえさん』
『おりたたみおかぞえさん』

 地上波やYouTube、ラジオなど、幅広く活動している岡副麻希が、軟体ポーズ満載のフォトブック『おりたたみおかぞえさん』を10月30日に扶桑社より発売した。


 自身のInstagramでも度々披露している「軟体ポーズ」や、飾らない笑顔の写真、これまでの生い立ち、愛用品なども細かく紹介していて、ファンにはたまらない一冊だ。


関連:軟体ポーズで話題、岡副麻希が語る“柔らかな”人生観 「こんなポンコツでもなんとかなる」


■飾らない笑顔が魅力的なおかぞえさん


 『おりたたみおかぞえさん』では、タイトル通り、体を折りたたむ岡副麻希がたくさん見られる。


 家の中でリラックスしながら折りたたみ、元気なイメージにぴったりなデニムロンパースでも折りたたみ、たまに伸びて、プールのシーンでは水着姿で折りたたんでいる。


 「人間ってこんなに折りたためるのか……」と、人体について、そして体をたくさん折りたたもうと考えた岡副麻希にも興味が湧く。


 今まで見た写真集の中でも、飾らない笑顔が“本当に飾っていない”ように見える。自分を大きく偽ることなく、岡副麻希をそのまま魅せてくれている人なのかな、と感じた。また、写真とともに本人の言葉もあり、体だけではなく心も「柔らかい人」だと印象を持てる。


 そして、そんな彼女だからこそ、表情を作っていたり、顔に影がかかっていたり、目の中の光の量が少ない写真もグッとくる。ギャップがすごい。明るい笑顔が素敵だからこそ、少し影のある写真がより映えるのだろう。シーンごとに違った岡副麻希が見られるのも、このフォトブックの醍醐味だ。


■自分にあまく、ストレスフリーに生きる


 フォトブックの発売にあたって、本人がInstagramでこう語っていた。


「私はかなり性格に癖があるのですか笑、そんな極端な性格のわたしのトリセツというかリアルな女の子のトリセツ50をまとめたり、身体も心も柔らかく生きるためにはどう心がけてるかなども記しています」(岡副麻希Instagramより)


 「性格に癖がある」「極端な性格」など、性格についての自己申告を事前に読んでいたので、診察をする先生の気持ちで(?)性格について書かれた部分を読んでみたが、「なるほど、そういうことか」と、納得できる部分も多く、すごく楽しく読むことができた。


 また、「おかぞえBODYになれる簡単YOGGYポーズ」「ボディチェック」「ジムトレに密着」などの体にまつわるものから、愛用品や生い立ち、30代に向けて考えていることなど、岡副麻希の体も中身も、じっくりと知れるコンテンツが揃う。


 その中でも個人的に一番好きなコンテンツは、「自分にあま〜くストレスフリーに生きるのだ!」。


 他人の目を気にするのではなく自分の気持ちを優先して、映えにこだわらず、自然体で生きる……。簡単にできるようで、実際真似をするのは難しいけれど、こうやって生きられたらいいなと思える内容だった。


 筆者には、もう少し肩の力を抜いていいんじゃない?と心配になるくらい、いつも完璧で、毎日夜遅くまでがんばっている友人が多数いる。その友人たちに「肩の力を抜いて生きる方法」としてぜひ勧めたい。皆さんも、最近すごくがんばっている人に贈ってみてはどうだろうか。


■無駄な毒がないからこそ、今読みたい


 『おりたたみおかぞえさん』を読み進めているうちに、「彼女には毒がない」と感じられる場面がたくさんあった。


言葉の選び方、表情、考え方など、どこにも悪意がない。本なのだからそのように編集するのは当たり前だが、生きているだけで何かしらの悪意を感じることが多い今だからこそ、悪意のない彼女の存在に癒された。


そう感じたのはきっと「岡副麻希は、岡副麻希だからだろう」という結論に勝手に至った。芸能界は特にそうだと思うが、人間誰しも、他人には「自分とは違う自分を演じて見せている」ところがあると思う。


だけど『おりたたみおかぞえさん』の中の彼女は、明るくて、少し天然なところがあって、きちんと物事を考えられる人、というテレビを見て勝手に思っていた人柄のまま、そこに存在していた。


だからこそ、フォトブックを読んでいる間、ずっと穏やかな気持ちのまま過ごせて、彼女の言葉に集中できたのだろう。


『おりたたみおかぞえさん』には「あざとやらかい」というコピーがついている。岡副麻希の飾らない姿が逆にあざとい? あざといのか? 難しいところだが「あざとい」として、岡副麻希の体と心の「やわらかさ」を存分に楽しめる『おりたたみおかぞえさん』。


最近ちょっと疲れを感じている人こそ、読んでみてほしい。


■真緒
ハロプロ好きのフリーライター。振りコピ系のオタクです。顔が整っていて歌がうまくて中身変な人を推しがち。


    ニュース設定