「誰しもが、夢を見れる国へ」 三浦春馬さん主演『天外者』3本のWEB限定動画公開

64

2020年11月24日 19:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真映画『天外者』より3本のWEB限定動画が公開(C)2020 「五代友厚」製作委員会
映画『天外者』より3本のWEB限定動画が公開(C)2020 「五代友厚」製作委員会
 俳優の三浦春馬さん(享年30)が主演を務める、映画『天外者』(12月11日公開)から、WEB限定の15秒動画3本が24日、解禁になった。

【動画】WEB限定の映像「約束編」

  本作は2013年に企画がスタート。春馬さん演じる五代友厚の「想い」と「志」を次世代に継承するために映画化に向けてプロジェクトが立ち上がった。メガホンをとったのは、田中光敏監督。脚本は大河ドラマ『天地人』などで知られる小松江里子氏。

 春馬さんのほか、共演キャストには、幕末の志士・坂本龍馬を三浦翔平。後に三菱財閥を築く岩崎弥太郎を西川貴教。初代内閣総理大臣となる伊藤博文の若かりしころを森永悠希。さらに、五代友厚の両親を生瀬勝久、筒井真理子、五代友厚の繊細さや優しさを引き出した遊女・はるを森川葵、よき理解者で妻・豊子を蓮佛美沙子が演じる。

 解禁動画は「約束編」「決意編」「友情編」の3本。「約束編」では、はる(森川)の手をとりながら「自由になったら何がしたい?」と聞くと、五代と「海が見たい」と答えたはる。彼女の涙をこらえた笑顔が印象的で、はるを背負い「誰しもが、夢を見れる国へ」というナレーションが入り、「俺についてこい!」と熱弁する五代のシーンで終わる。

 「決意編」は、「刀で人を殺しても、世の中は変わりやせん」という力強いせりふから、五代が自らのまげを刀で切り落とす決意のシーン。「友情編」は五代のほか、龍馬、岩崎、伊藤らが鍋を囲みながら日本の未来のために志をともにする場面が映し出されている。


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • もちろん初日に観に行きます。 きっと泣いてしまうと思うけど…。 https://mixi.at/ai89KTS
    • イイネ!5
    • コメント 0件
  • 志半ばで空に帰り、無念だったと思う。動画の予告が琴線に触れて、必ず同じ台詞の所で泣く私は、ぜひ見たい。俺についてこいの力強い言葉を、映画館で聞いてみたい。
    • イイネ!24
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(25件)

ニュース設定