話題の占い師・星ひとみ氏、2021年の開運法を伝授「すべて人が主役になれるチャンス」

1

2020年11月25日 06:00  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『Oggi』1月号に登場する星ひとみ氏
『Oggi』1月号に登場する星ひとみ氏
 フジテレビの『突然ですが占ってもいいですか?』(毎週水曜 後10:00)に出演している占い師の星ひとみ氏が、27日発売の女性ファッション誌『Oggi』1月号(小学館)に登場。2021年をすてきな1年にするための開運法を伝授する。

【写真】忖度なしで藤本敏史を占った星ひとみ

 星氏は同番組で、「占いは信じません」という出演者さえも、自分の性格や生い立ちが次々と言い当て、「怖いくらい当たってる!」と驚愕する人が続出。沢村一樹、水野美紀、みちょぱらMC陣に加えて小泉孝太郎、ムロツヨシ、片岡愛之助、横浜流星などの出演者が、“当たりすぎる”占いに驚きの声を上げた。鑑定をきっかけに、タレントのMattは芸名を「Matt Rose」に改名するなど、ハマる芸能人も急増している。

 巫女の血筋を引く家系に生まれたという星氏。天星術は、幼いころから親しみ研究してきた中国由来の東洋占星術をベースに、統計学や人間科学、心理学と「人を知る」ための研究の成果を取り入れた鑑定法で、鑑定歴は20年に及ぶ。OggiのWEBサイト「Oggi.jp」では【幸せをひき寄せる「天星術」】で毎月連載している。

 そんな星氏が本誌に出張して占うのは、2021年の開運法。生年月日から「天星」を導き出し、2021年の運勢を鑑定、開運アドバイスとともに占う。「2021年は、1月を機に今まで正解だと思っていた常識や価値観、認識や思想が劇的に変化して、“新しい戦い”が始まります」と、2021年を今年以上の混迷の年と占う星氏。同時にそれは「すべて人が主役になれるチャンス」とも言う。幸運の鍵とは、果たして。
    ニュース設定