「全国民いいから黙って見てくれ」 “ハロプロの歌姫”モー娘。小田さくら「紅蓮華」カバーが話題

75

2020年11月25日 17:00  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真モー娘。の歌柱(画像はYouTubeから)
モー娘。の歌柱(画像はYouTubeから)

 モーニング娘。’20の小田さくらさんがアニメ「鬼滅の刃」の主題歌「紅蓮華」を熱唱。ハロー!プロジェクトのメンバーがアニメを語り、アニソンを歌うYouTubeチャンネル「ハロー!アニソン部」で動画が公開されました。ハロプロ随一の歌唱力を誇る歌姫の実力に、公開直後はTwitterで小田さんの名前がトレンド入りするほどの話題となっています。これがモー娘。の歌柱か。



【動画】「逢いたくていま」カバーでも抜群の歌唱力を発揮



 2012年にオーディションへ合格し11期メンバーとしてモー娘。加入した直後から、卓越した歌唱力で注目されてきた小田さん。デビュー曲「Help me!!」でもソロパートをもらうほどで、その実力は当時のプロデューサーつんく♂さんが認めるところでした。



 一方で好きな漫画やアニメを熱く語るオタクの一面も。作品人気を痛感しているだけに「紅蓮華」歌唱にあたっては並々ならぬプレッシャーを告白しており、意気込みを語る場面でも「難しいじゃないですか」「頑張ります」と弱気に答えたり、かみ散らかしたりと散々。しかしいったん曲がかかれば全集中でモー娘。の歌唱力エースとしての実力を遺憾なく発揮。歌詞によって声色を変化させ、サビの高音は気持ちよく伸びる歌いっぷりで魅せています。



 なお小田さん以外に同席したモーニング娘。’20の石田亜佑美さん、横山玲奈さん、Juice=Juiceの井上玲音さん、全員が鬼滅ファンとあって作品を語らせるともやは収拾が付かず。特にカナヲを推す小田さんと、童磨を推す横山さんが対立する場面は見物です。アイドルを忘れてただのオタクと化している……。



 小田さんの不安とは裏腹に、ファンは「待っていました」といわんばかり注目度と再生数が急上昇。「レベチ(笑)」と高い評価が寄せられています。「歌の呼吸 壱の型 さくらのしらべ」「小田さくらさんの音の呼吸に感動しました」と歌柱へ推す声も。また「鬼に金棒、小田に名曲」「安心安定圧巻の小田さくら」と旧知のファンはそのクオリティーに納得し「全国民いいから黙ってうちのさくらを見てくれ」と布教の材料に。「フルで聞きたい」との要望が多数見られました。



 「サビの高音、ウラ声部分、オリジナルとの違いも含めて聴き応えがあって良き」「高音に向かうところが綺麗」と歌いっぷりを真剣に評価するコメントがある一方で、ノリノリで大騒ぎするメンバーへ向けた「後ろがやかましくてたのしい笑」との声も投稿されています。アイドルのオタ芸お見事です。


このニュースに関するつぶやき

  • 実力があろうとなかろうとなんでも鬼滅にしときゃ食いつくだろみたいな雰囲気が気持ち悪い。本当に鬼滅好きなら『歌の流法 唱技「声砂嵐」!』くらい言ってくれ(笑)
    • イイネ!3
    • コメント 13件
  • 誰やねん芸人のアツシリウムしの助が『誰やねん』『流行に乗るな』『需要ない』『見たいと思わない』等の心ないつぶやきをしそうな記事だな。イライラするなら、わざわざ記事を見なきゃいいのに
    • イイネ!22
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(38件)

ニュース設定