山田邦子、コロナ禍に発奮 還暦公演で「一気に吹き飛ばす!」

2

2020年11月26日 18:52  ORICON NEWS

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真コロナ禍に発奮した山田邦子 (C)ORICON NewS inc.
コロナ禍に発奮した山田邦子 (C)ORICON NewS inc.
 タレントの山田邦子(60)が26日、東京・新宿の紀伊国屋ホールで行われた還暦記念舞台『山田邦子の門2020〜クニリンピック〜』の公開ゲネプロに参加。きらびやかな衣装を身にまとい「私なりの赤いちゃんちゃんこ」と満面の笑みを浮かべた。

【集合ショット】水木英昭プロデューサー、津田英佑、太田将熙とともに登場した山田邦子

 昨年上演した『山田邦子の門』の続編となる今作は、さまざまな苦難を乗り越えて立ち上げたエンターテインメントプロレス団体「武蔵ガールズ」を描く。歌あり、踊りあり、プロレスありのエンターテイメント・ヒューマン・コメディーと銘打っている。あす27日〜12月3日まで同所で上演される。

 新型コロナウイルスの影響を受け、6月から延期となっていたが、ようやく初日公演を迎える。脚本の変更を余儀なくされるなど、さまざまな苦難もあったが、山田は「この40年、いろんなことがあって、大きな震災もあったけど、乗り切ってきた。たくましくなってるんだなと。突き進める力は、お客さんの『チケット取ったよ!』『見に行くね!』という言葉。感謝しかありません」としみじみ語りつつ「こういう時こそ、私の出番です。明るい担当ですから、ここで下がるのは私らしくない!」と気炎を吐いた。

 ファンに向けて「辛い春、夏を過ごしましたが、ここで一気に吹き飛ばすくらいの笑いに仕上がったと思います。芸能生活40年と還暦を足して100! 体はガタガタですが出し惜しみをせず、死ぬ気で頑張ります!」と気合十分に意気込んだ。

 そのほか、津田英佑、太田将熙、水木英昭プロデューサーらが参加した。
    ニュース設定