『ヤングシナリオ大賞』受賞作が決定 大賞は“代理母”描く『サロガシー』

0

2020年11月27日 06:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『ヤングシナリオ大賞』授賞式に出席した(左から)山崎力さん、湯田美帆さん、遠藤龍之介氏、的場友見さん、横尾千智さん (C)フジテレビ
『ヤングシナリオ大賞』授賞式に出席した(左から)山崎力さん、湯田美帆さん、遠藤龍之介氏、的場友見さん、横尾千智さん (C)フジテレビ
 坂元裕二、野島伸司、橋部敦子、浅野妙子、黒岩勉といった数々の人気脚本家を輩出してきた第32回『フジテレビヤングシナリオ大賞』の授賞式が行われ、応募総数1567作品の中から、的場友見さんによる『サロガシー』が大賞に決定。26日行われた授賞式では的場さん、佳作受賞者の湯田美帆さん、横尾千智さん、山崎力さんに、フジテレビ代表取締役社長・遠藤龍之介氏から賞状が授与された。

【写真】大賞を受賞した的場友見さん

 『サロガシー』は、主人公・江島環(28)がゲイである兄・江島聡(38)のために、代理母(=サロガシー)として妊娠出産することを決意する話。その両親や周囲の心境や、主人公の生き方を描いたストーリーとなっている。代理出産、LGBTなどセンシティブな題材だが、登場人物を身近に感じる人物像として丁寧に描き出し、人間的魅力で飽きさせずに展開していく構成が巧みであり、かつ医療制度、法律、社会通念、倫理観など様々な問題に真摯に向き合っていることなどが高く評価された。

 審査委員長の澤田鎌作氏(フジテレビ第一制作室)は、大賞受賞の理由について「最終選考では、流し打ちで内野の間を抜くバッティングではなくフルスイングでホームランを狙える将来の4番バッター候補を選ぶ、という方針のもと議論を重ねた。大賞はまさにそんな作者ではないか」と高く評価。

 的場さんは「今年、2020年は特にドラマの力、素晴らしさを実感された方が多い年ではなかったかと思います。そのような年にこのような素晴らしい賞を頂けてうれしく思っています」と歓喜のコメントを寄せた。

 また、佳作に選出された湯田さんの『東京バナナ』は、大阪生まれでぜんそく持ちの小学5年生・公太が、人気者の同級生にお笑いコンビを組もうと持ち掛けられ、公太の東京への引っ越しなどさまざまな障害を乗り越えて、二人が漫才師になっていくドラマを描いた、パワーあふれる作品。

 横尾さんによる『ふぁってん!』は、夫への不満を持つ人見真希が「報復」の一つとして行った「夫の宝物・マウンテンバイクのチェーン切断」の現場を無愛想な隣人の奏に見られてしまうが、その出会いによって、真希は夫に今までの「嫌い」を全部吐露し家を出て行く決心をするという日常に潜むざらっとした狂気や、人物の心境の変化を描いた作品となる。

 山崎さんによる『男は背中を語る』は、駅で痴漢と間違えられて悩む若い男性・眞野が、偶然通りかかった初老の男二人に誘われ、女性の背中を見て妄想を言い合う変態的な遊びに参加するようになるという奇妙な経験から、女性には女性の事情があるということ、思いやる必要があるということに気付き変わっていく姿を描くストーリー。短いセリフと掛け合いのリズムが心地よい特徴的な作品となっている。

 澤田氏は「大賞を含めこの4作品の作者には、今回の受賞をきっかけに将来のテレビ、映画をはじめとするエンタメ界を背負う逸材として大きく飛躍して頂ける事を期待したい。とにかくバットを振り続けてほしい」と激励した。
    ニュース設定