戸次重幸が出演する坂本冬美『ブッダのように私は死んだ』MVが凄まじい…「サスペンス劇場」並の愛憎劇を繰り広げてます

14

2020年11月29日 14:51  Pouch[ポーチ]

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Pouch[ポーチ]

写真写真

2020年11月11日にリリースされた坂本冬美さんのニューシングル『ブッダのように私は死んだ』のMVがヤバすぎると話題です。

作詞作曲を手掛けたのは、なんと桑田佳祐さん。坂本さんが自ら依頼して実現したそうなのですが……

楽曲が依頼された当時、桑田さんがサスペンス&ミステリー作品にハマっていたらしく、歌詞がものすごく物騒!!!!!

MVも、火曜サスペンス劇場ならぬ「歌謡サスペンス劇場」と言うべき仕上がりとなっているのです……。

【いきなりサスペンス展開です】

MVに出演しているのは戸次重幸さん。戸次さんは森の中で何かを埋めており、イヤな予感がプンプンします。

その直後に映し出されたのは、遺体安置室(?)のような場所で横たわる坂本さん

続く歌い出しが「目を覚ませばそこは土の中」で、これはもう完全に、戸次さんに殺されて埋められちゃったってことですよね!? 冒頭から不穏すぎる〜〜〜!

【情念たっぷりの歌声に聞き惚れる…】

MVから察するに、どうやら戸次さんが坂本さんの交際相手であるよう

散々尽くした結果、骨までしゃぶられてアッサリ捨てられた(しかも命まで奪われた)女の情念を、坂本さんが脅威の歌唱力で表現していて痺れる〜!

さすが演歌の女王、情念を歌い上げたら右に出る者なしですっ。

【箸の持ち方だけは無理でした!?】

こんな感じで、MVの世界観も歌唱力も凄まじいのですが、桑田さんによる歌詞も凄まじく

「他人を見下した目や身なりの悪さは赦す(ゆるす) ただ箸の持ち方だけは無理でした」
「ごめんねお母さん みたらしだんごが食べたい」

など、凡人にはなかなか思いつかない表現の連続……!

なお「箸の持ち方だけは無理でした」のシーンでは、戸次さんが絶妙な箸の持ち方をしている点にも注目です

【紅白で歌うんでしょうか…】

坂本さんは今年の紅白歌合戦に出場予定。

話題性抜群なので、この楽曲を歌う可能性もなきにしもあらずですが、ぶっちゃけ縁起のいい歌ではないので、どうなるか気になるところ!

ちなみに『ブッダのように私は死んだ』は、CDジャケットのデザインもクールなんです。

アート作品のような趣きが素敵なので、こちらにも注目してみてくださいね。

参照元:YouTube
執筆:田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る

このニュースに関するつぶやき

  • ブッダは穏やかに亡くなったのでは。「みたらし団子が食べたい」には笑ってしまった。 どんな歌か聴いてみたい。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • あのホワイトストーンズの北郷が・・・。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

ニュース設定