BTS後輩7人組 ENHYPENがデビュー 「オールセンターレベル」のルックスを自画自賛

39

2020年11月30日 16:13  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真11月30日にデビューした7人組グループ・ENHYPEN(左から)ジェイク、ジェイ、ヒスン、ジョンウォン、ソンフン、ニキ、ソヌ(C)BELIFT LAB
11月30日にデビューした7人組グループ・ENHYPEN(左から)ジェイク、ジェイ、ヒスン、ジョンウォン、ソンフン、ニキ、ソヌ(C)BELIFT LAB
 韓国のサバイバルオーディション番組『I-LAND』から9月に誕生した7人組ボーイズグループ・ENHYPEN(エンハイプン)が30日、ミニアルバム『BORDER : DAY ONE』でのデビュー直前にメディア向けショーケースをオンラインで開催した。

【写真335枚】最年少14歳、日本人メンバーのNI-KIら個別&ライブ写真も

 ENHYPENは、BTS、TOMORROW X TOGETHERが所属する韓国の大手芸能事務所Big Hit Entertainmentと、IZ*ONE、JO1らを輩出した『PRODUCE』シリーズを企画したCJ ENMがタッグを組んだMnetのサバイバルオーディション番組『I-LAND』発のボーイズグループ。メンバーは全員2000年代生まれで、HEESEUNG(ヒスン・19)、JAY(ジェイ・18)、JAKE(ジェイク・18)、SUNGHOON(ソンフン・17)、SUNOO(ソヌ・17)、JUNGWON(ジョンウォン・16)、日本人のNI-KI(ニキ・14)の7人で構成される。

 2番目に年少者のジョンウォンがリーダーとなったことについて、最年長のヒスンは「ENHYPENが結成されたあとに、僕たちは40日間のリーダーの選抜課程を、さまざまなテストやインタビューを通じて行いました。最終的に僕とジョンウォンが候補にあがったのですが、決定の前に面談をしながら、僕はリーダーという肩書きよりは、最年長として、同僚として、手伝えることが多いのではないかと伝えました。それで最終的にジョンウォンがリーダーになりました」と説明。「ジョンウォンがリーダーですが、メンバー全員が責任感を持って、ENHYPENのために努力をすれば、かっこいいグループになるのではないかと思います」と語った。

 先輩のBTSやSEVENTEENからは直接アドバイスも受けたという。ジェイは「BTS先輩が『I-LAND』の撮影現場を訪問してくださったときに『自分自身をもっと愛して自信を持ってほしい』と」助言されたことを明かし、ソヌは「SEVENTEEN先輩方の前でパフォーマンスを披露したのですが、時間がなく完璧ではなかったステージではなかったにもかかわらず、振り付け一つ一つを見ながらアドバイスをしてくださいましたし、パフォーマンスをするときには表情の演技も重要だという話をしてくださったことが記憶に残っています」と振り返った。

 各国の記者からの質問にも答え、「Big Hit EntertainmentとCJ ENMの“初合作”アイドルという点で多くの関心を集めるなか、他グループと差別化できるENHYPENだけの強みは?」と聞かれ、ジョンウォンは「僕たちのストーリーをもとにした音楽とパフォーマンスなのではないかと思います。僕たちは『I-LAND』で生き残ってチームになったので、それだからこそできる僕たちの物語を含めることができています。この瞬間、ENHYPENだけができる音楽なので、多くの方々が共感できるのではないかと思います」。

 元フィギュアスケーターで、2017年アジアフィギュア杯では、男子シングルジュニアクラスで銀メダルを獲得した経歴を持つソンフンは「7人のメンバー全員が個性的でかっこいいビジュアルを持っている点もあげられるのではないかなと思います。僕たちの顔がクローズアップされた映像が公開されたとき、少年と王子をすべて表現することができる、“オールセンターレベル”(全員がセンターでもおかしくない)のビジュアルという言葉を聞きました」と自画自賛し、さわやかな笑顔をみせた。

 「BTSの影響をどのように受けたか」という質問にジェイは「僕たちの大半はBTS先輩の皆さんのパフォーマンス、音楽を聴きながらアーティストになる夢を抱くことになりました。『I-LAND』でも先輩の曲をカバーする機会もあり、直接助言もいただけて光栄でした。BTS先輩の皆さんの音楽、パフォーマンスだけではなく、アーティストとしての心がけもいつも学んでいます。先輩たちの後を継いで、僕たちもK-POPを世界に広く知らせるグループになれるように絶えず頑張りたいと思います」と約束した。

 最後にリーダーのジョンウォンは「これからもこの瞬間を忘れずに、一生懸命活動して行きたいと思います。ENHYPENとして大きな誇りを持ってこれからもいい音楽とパフォーマンスでお会いすることを約束します」と誓っていた。

 初ステージも披露され、この日午後6時にリリースされる6曲入りのデビューミニアルバム『BORDER : DAY ONE』収録曲でレゲエ風の楽曲「Let Me In(20 CUBE)」に続き、デビュー曲「Given-Taken」を初披露。ダークな世界観の楽曲をパワフルでシンクロ率の高いダンスで魅せた。

 午後8時からはデビューショー『ENHYPEN DEBUT SHOW : DAY ONE』でファンにデビュー曲「Given-Taken」を初披露し、本格的に活動を始める。このショーは、YouTubeのMnet K-POP、Big Hit Labelチャンネル、ABEMA、Mnet JAPANでも視聴できる。

このニュースに関するつぶやき

  • あれ?BTSって、原爆で犠牲になった人達を、侮辱し差別をした、ヘイト集団だよね?ww愛国者だの歴史だのと、言っている事が、ネトウヨそのものじゃん(^∇^)ケラケラ
    • イイネ!5
    • コメント 0件
  • ������(^q^)������來日不要
    • イイネ!25
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(31件)

ニュース設定