本郷奏多、ガンプラの“改造スキル”が高すぎて「何者なん」「組み立てるだけが完成じゃないんだ」と見る人をポカンとさせてしまう

136

2020年12月01日 13:36  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真ガンプラ改造を披露した本郷さん(画像はYouTubeから)
ガンプラ改造を披露した本郷さん(画像はYouTubeから)

 俳優の本郷奏多さんが11月29日、YouTubeチャンネルに機動戦士ガンダムシリーズのプラモデル「ガンプラ」を改造する動画を公開。そのスキルの高さに、コメント欄では「改造詳しすぎて……俳優さんであることを忘れる」「途中本格的すぎて何度か吹き出す」など圧倒されてしまう人が続出しています。破壊力ハンパない。



【画像】作業工程から改造完成まで(4枚)



 本郷さんは11月2日にYouTubeチャンネル「本郷奏多の日常」を開設。YouTubeについては、初回の投稿で、普段オフの時にやっているゲームやプラモデルなど趣味の動画を中心にアップしていく方針を語っており、年内は毎日動画を投稿することを目標に掲げていました。



 今回はガンダムシリーズに登場するモビルスーツ「MS-08TX EFREET」を設計するという本郷さん。「こいつねーめちゃくちゃかっこ良くてね。好きな機体なんですよ」と愛を語りながら「こいつを改造して、オリジナル機体を作ろうと思います!」と本郷色に染め上げる宣言してスタート。



 まずは説明書通りにガンプラを組んでいき、細かな接着もキレイに仕上げながら手際よく完成。「色分けも細かくされていて結構良いキットだったんじゃないかなと思います」とプロ感しかないコメントで締めくくったと思いきや、「では、ここからはLEDを仕込んだり、ちょっとだけ武装を強化したりして仕上げていきたいと思います!」と改造を決行。なんかやばそう。



 クリアパーツや目の部分はチップLEDを仕込んで光らせる装着したり、腕の中をくぐらせる配線作業では「腕のなかの強度を保ったまま導線に負荷がかからないように考えながら」とテクニックをサラッと披露したり、パーツに3ミリの穴を開けて磁石の接着したりするなどして、改造のフェーズを終了。ついていけてません。



 これで終わるのかと思いきや、パーツを全て洗浄して乾燥させたものを1つずつ手に取って、塗装作業へ。下地からカラー染色、細かい部分は手作業で筆で塗り上げていきました。全てのパーツを組み立てていく作業は本郷さんは「毎度のことながらとてもわくわくしますね!」と心躍らせた様子で、ようやく完成。



 作業はトータルで30〜40時間でかかったとのことですが、「僕的にはシールドの存在感が良い感じにあって色味を落として、なかなか満足いく出来になったんじゃないかな」とご満悦な表情を見せ、締めくくっていました。一周回って本当に楽しそうなので何よりです。



 本郷さんのガンプラ改造スキルの高さに、コメント欄では「何者なんだ……」「改造詳しすぎて……俳優さんであることを忘れる」「LED仕込んだり想像の100万倍しっかり作りこんでて脱帽」「途中本格的すぎて何度か吹き出す」「クリアパーツは何が何でも光らせたい奏多くん……非常に好きですッ!!」「工程が死ぬほど面倒くさそうだけど本人めちゃくちゃ楽しいんだろうなぁ」「組み立てるだけが完成じゃないんだなぁすげぇや」など、思わず見入ってしまう人が続出。



 また「知名度とか関係なしで最近一番ハマってるチャンネル」「この人がめっちゃ演技うまいのなんか草」「ガンプラ作ったこともないのに詳しくなる層が一定数いそう」「くそかっけえええ 1から全部教わりたい」などの反響が相次いでいます。現在進行形で新たなファンが増え続けている予感しかしない……!


このニュースに関するつぶやき

  • この記者は 小学生?
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 本郷奏多はゲーム、ホビー系のガチ勢。見た目に惚れて近づくファンを一定以上寄せ付けないヲタクのオーラが彼の俳優人生を今日も守っている。
    • イイネ!42
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(85件)

ニュース設定