日テレ・岩田絵里奈アナ、演技初挑戦 CA役の梅澤美波にメロメロ「見惚れてしまいました」

0

2020年12月02日 05:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真3日放送のバラエティー『THE突破ファイル 2時間スペシャル』(C)日本テレビ
3日放送のバラエティー『THE突破ファイル 2時間スペシャル』(C)日本テレビ
 日本テレビの岩田絵里奈アナが、3日放送の日本テレビ系バラエティー『THE突破ファイル 2時間スペシャル』(後7:00)に出演。“突破ドラマ”初出演となる梅澤美波が、2度目の登場となる武田玲奈とともにキャビンアテンダント役に挑戦する中、岩田アナは、偶然機内に乗り合わせた看護師役で初の本格的演技に挑んだ。

【番組カット】岩田アナもメロメロ…CA役を担当する梅澤美波

 2人が出演するのは、再現ドラマ「高度1万メートル上空で原因不明の病におかされた少女の命を救え!」。ロサンゼルスから成田へと向かう旅客機内で、急病人が発生。突如、乗客の幼い女の子が高熱にうなされ、呼吸困難に陥ってしまう。キャビンアテンダントの梅澤や武田らは必死に看病を続けるが、乗客の中に医師はおらず、悪天候で地上との交信もままならないため、どんな病気なのかがわからない。対処のすべが見つからないまま、女の子の容態は悪化する一方…。そのとき、梅澤が正しい医療処置を行うためのある方法を思いつく。

 岩田アナが、今回の突破ドラマ出演を受けてコメントを寄せた。

――今回『THE突破ファイル』に、“役者”として出演した感想は?

すごく緊張しました! そして不安でした…。アナウンサーとして入社して、まさか演技の仕事をすることになるとは思っていなくて。事前に一生懸命台本を覚えてきたんですが、現場に入ったとたん、緊張でセリフが飛んだらどうしよう…とか考えてしまいました。私はあまり緊張することはないんですが、ここ1年で一番緊張したかもしれません。でも、やったことのないことに挑戦させていただけて、すごく楽しかったです!

――演技初体験ということで、特に気を付けたこと、心がけたことなどはありますか?

普段私が担当させていただいているバラエティーは、台本のない世界。その場で会話がどんどん作られていく現場なので、今回“決まったセリフを覚える”ということが、自分の中では大きなハードルでした。しかも、周りがいろいろと動く中で演技をしなくてはいけないので、とても難しかったです。

――“新米看護師”を演じるにあたって、役作りで工夫した点は?

看護師さんのお仕事についてまったく知らなかったので、事前に調べて挑みました。診察器具の名前などを検索するところから始めたのですが、“新米感”を出すにはちょうどよかったのかも(笑)。アナウンサーの岩田絵里奈が演技をしているときのキョドキョド感が、いい意味で新米感につながったんじゃないかなと思います!

――共演したCA役の梅澤美波さん、武田玲奈さんの印象は?

梅澤さんは、まずスタイルの良さにびっくりしました! 身長が高くて、すらっとされていて…見惚れてしまいました(笑)。また、台本も完璧に覚えてらっしゃって、プロだなぁって思いました。武田さんは、すごく大人っぽい印象があって、割とクールな方なのかなと思っていたんですが、お会いしてみたら、気さくに話しかけてきてくださったり、子役の萌果ちゃんと遊んだりされていて、本当はとてもフレンドリーで温かい方なんだということが分かりました。すっかりファンになっちゃいましたね(笑)。演技は言うまでもなく、さすがでした! それと、梅澤さんも武田さんも、私がNGを出しても笑顔でいてくださったので、本当にうれしかったです!(笑)。

――今後、『THE突破ファイル』の再現ドラマで演じてみたいシチュエーションや、挑戦してみたい役柄は?

小さい頃からの夢がお医者さんだったので、女医役に挑戦してみたいです! ちなみに私、皮膚科のお医者さんになりたかったんですよ、血を見るのが苦手なので(笑)。ですから、『突破ファイル』のスタッフの皆さん、いつか皮膚科のお医者さん役でお願いします!!
    ニュース設定