【タイム結果】2020スーパーフォーミュラ第5&6戦鈴鹿 専有走行:小林可夢偉が2019年ポールタイムを上回る記録でトップに

0

2020年12月04日 11:01  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)
小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)
 12月4日、三重県、鈴鹿サーキットで2020年全日本スーパーフォーミュラ選手権の第5、6戦が幕を開けた。金曜午前に行われた専有走行では、小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)が2019年のポールポジションタイムを上回り、最速タイムをマークした。

 例年は開幕戦と最終戦が開催されている鈴鹿ラウンドだが、今季は変則的なスケジュールが採用されているため、12月の上旬という時期に、2レース制で開催されることとなった。金曜、午前に行われてた専有走行は、雲ひとつない晴天の下、各マシンが走り出したが、冷間セッションとなるため、やや慎重な様子も伺えた。

 それでも15分ほど立てばタイヤも十分に熱が入ったのか、山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が1分36秒699というレースレコードから約0.7秒落ちまでタイムを上げてくる。

 セッション開始、30分が過ぎようかというところで、シャルル・ミレッシ(Buzz Racing Team with B-Max)がコースアウト。赤旗が提示された。その後、10時19分に走行が再開されている。

 残り時間もわずかとなり、各車がアタックを行い始め、それまでトップにつけていた山本のタイムを更新していく。中でも、小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)は1分35秒962というタイムをマーク。2019年のポールポジションタイムを0.01秒上回り、トップに踊り出る。

 その小林のタイムとわずか0.045秒差で2番手につけたのは、第4戦オートポリスで初表彰台獲得、先週行われたスーパーGT第8戦でも勝利して逆転チャンピオンとなり、流れに乗っている牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)。そしてチェッカー直前、そのふたりの間に割って入ったのが第4戦オートポリスの勝者、野尻智紀(TEAM MUGEN)だった。

以下、4番手に山下健太(KONDO RACING)、5番手に現在ランキングトップの平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が付けている。

 午後、13時45分からはフリー走行が行われる。■2020全日本スーパーフォーミュラ選手権 第5&6戦鈴鹿 専有走行タイム結果(編集部計)

天候:晴れ 路面:ドライ
Pos.No.DriverTeamEngineTime17小林可夢偉carrozzeria Team KCMGTOYOTA1'35.962216野尻智紀TEAM MUGENHONDA1'35.995364牧野任祐TCS NAKAJIMA RACINGHONDA1'36.00743山下健太KONDO RACINGTOYOTA1'36.441520平川亮ITOCHU ENEX TEAM IMPULTOYOTA1'36.53565山本尚貴DOCOMO TEAM DANDELION RACINGHONDA1'36.699718国本雄資carrozzeria Team KCMGTOYOTA1'36.768815笹原右京TEAM MUGENHONDA1'37.086914大嶋和也ROOKIE RacingTOYOTA1'37.307101N.キャシディVANTELIN TEAM TOM’STOYOTA1'37.4561139坪井翔JMS P.MU/CERUMO・INGINGTOYOTA1'37.5431219関口雄飛ITOCHU ENEX TEAM IMPULTOYOTA1'37.5441350松下信治Buzz Racing with B-MaxHONDA1'37.575144S.フェネストラズKONDO RACINGTOYOTA1'37.614156福住仁嶺DOCOMO TEAM DANDELION RACINGHONDA1'37.6751636中嶋一貴VANTELIN TEAM TOM’STOYOTA1'37.6771738石浦宏明JMS P.MU/CERUMO・INGINGTOYOTA1'37.7471865大湯都史樹TCS NAKAJIMA RACINGHONDA1'37.9381912T.カルデロンThreeBond Drago CORSEHONDA1'39.8752051C.ミレッシBuzz Racing with B-MaxHONDA1'40.288
    ニュース設定