竹野内豊&黒木華“月9”クランクイン 正反対の裁判官バディが始動

0

2020年12月04日 12:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真月9ドラマ『イチケイのカラス』クランクインを迎えた(左から)黒木華、竹野内豊 (C)フジテレビ
月9ドラマ『イチケイのカラス』クランクインを迎えた(左から)黒木華、竹野内豊 (C)フジテレビ
 俳優の竹野内豊と女優の黒木華が、来年4月にスタートするフジテレビ系月9ドラマ『イチケイのカラス』のクランクインを迎えた。今回が初共演となる2人は、初日から2人のシーンに挑戦。一緒に段取りを確認し、丁寧なコミュニケーションのもと、息を合わせていく。天気にも恵まれ幸先の良いスタートとなり、正反対の裁判官バディがいよいよ始動する。

【写真】11年ぶりの月9主演となる竹野内豊&正反対の裁判官バディを演じる黒木華

 今作は民放連続ドラマとしては初となる、刑事裁判官が主人公の爽快リーガルエンターテインメント。竹野内は自由奔放で型破りな主人公・入間みちお、黒木はみちおと真逆の堅物タイプな裁判官・坂間千鶴をそれぞれ演じている。

 抜けるような青空の下、まずは黒木がクランクイン。スタッフから「坂間千鶴役を演じる、黒木華さんです!」と紹介され、拍手が起こる中撮影がスタート。最初の撮影は、東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)に異動してきた坂間が裁判所に足を踏み入れる、彼女のファーストシーンだ。

 髪をきっちりまとめ、ビシッとしたスーツを着こなした黒木は、監督と共に段取りを入念に確認し、坂間のキャラクターを詰めていく。現場はなごやかな雰囲気で、撮影の合間にはスタッフと談笑する姿も見られたが、カメラが回ると一転、きりりと引き締まった表情に。背筋を伸ばし、パンプスの足音を響かせ、きっちりとした坂間のキャラクターを印象づけた。

 続いて、黒色の法服に身を包んで登場した竹野内はスタッフから紹介され大きな拍手が巻き起こると、爽やかな笑顔を浮かべ、両手を振って応えてみせた。最初に撮影したのは、みちおが坂間の制止を振り切って、法服のまま昼食を買いに行くシーン。2人のテンポの良い掛け合いが見どころとなるこの場面では、カメラが回ると軽やかに走ったり階段をジャンプで下りたりと、みちおらしいコミカルな動きで現場を笑わせるなど、和やかに撮影が進行していた。
    ニュース設定