優勝し選手権3位復帰の角田裕毅「カーリンに心から感謝したい」【FIA-F2第12戦バーレーン レース1 順位結果】

1

2020年12月06日 03:21  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2020年FIA-F2第12戦バーレーン フィーチャーレース(決勝レース1)優勝の角田裕毅(カーリン)
2020年FIA-F2第12戦バーレーン フィーチャーレース(決勝レース1)優勝の角田裕毅(カーリン)
 12月5日(土)、2020年FIA-F2第12戦バーレーンのフィーチャーレース(決勝レース1)がバーレーン・インターナショナル・サーキットの高速レイアウトで開催され、日本の角田裕毅(カーリン)がポール・トゥ・ウィンで優勝し今季3勝目。佐藤万璃音(トライデント)は17位だった。2位には周冠宇(ユニ・ヴィルトゥオーシ)、3位にはフェリペ・ドルゴヴィッチ(MPモータースポーツ)が入った。

 今季3度目のトップチェッカーを受けた角田はレース後のインタビューで「すごくすごく嬉しいです。最後はトップでチェッカーを受けれられました。カーリンに心から感謝したい、素晴らしい仕事をしてくれました。特にエンジニアのマットとコミュニケーションを密に行えてすごく良かったです。1年間サポートしてくれた(チームオーナーの)トレバー・カーリンにも感謝しています」とコメント

「明日のレースも優勝できるよう全力を尽くします。ですがレースはいつも同じとはいきません、例えば気温も異なりますし。何が起きるかわかりませんが、今日のように最初から最後までプッシュし続け、チャンピオンシップに挑みます」
Helmut Marko 🤜🤛 Yuki Tsunoda#SakhirGP 🇧🇭 #F2 pic.twitter.com/FhVytllMek— Formula 2 (@FIA_F2) December 5, 2020

 角田はランキングポイントが186点で選手権3位に。選手権首位のミック・シューマッハー(プレマ・レーシング)が10点を加算し215点となったためシリーズ王者の可能性はなくなったが、選手権2位のカラム・アイロット(ユニ・ヴィルトゥオーシ/201点)とは15点差。ゆえにシリーズ2位の可能性を残してスプリントレース(決勝レース2)へ挑むこととなった。

 そしてレース前にシリーズ5位の可能性を残していたクリスチャン・ルンガー(ARTグランプリ)、ルイ・デレトラズ(チャロウズ・レーシング・システム)、周冠宇(ユニ・ヴィルトゥオーシ)、さらにニキータ・マゼピン(ハイテックGP)と18点以上の差がついたことから、角田のシーズン4位以上が確定。F1参戦に必要なスーパーライセンスポイントを獲得するため、シーズン開幕前にヘルムート・マルコ博士(レッドブルモータースポーツコンサルタント)との約束を果たすことになる。

 ポイントランキングを整理すると、首位に215点のシューマッハー、2番手に201点のアイロット、3番手に186点の角田、4番手に171点のロバート・シュワルツマン(プレマ・レーシング)、5番手に164点のマゼピン、6番手に149点のクリスチャン・ルンガー(ARTグランプリ)となっている。

 スプリントレース(決勝レース2)は日本時間12月6日(日)の21時20分にスタートする。


One happy @yukitsunoda07 😀🏆#SakhirGP 🇧🇭 #F2 pic.twitter.com/TqkbxHuxmS— Formula 2 (@FIA_F2) December 5, 2020



■FIA-F2第12戦バーレーン フィーチャーレース(決勝レース1)
Pos.No.DriverTeamTime/Gap17角田裕毅カーリン48Laps23周冠宇ユニ・ヴィルトゥオーシ5.613315F.ドルゴヴィッチMPモータースポーツ6.655421R.シュワルツマンプレマ・レーシング7.43854C.アイロットユニ・ヴィルトゥオーシ8.143620M.シューマッハープレマ・レーシング10.33978J.ダルバラカーリン11.81882D.ティクトゥムダムス14.64924N.マゼピンハイテックGP16.2801012P.ピケチャロウズ・レーシング・システム17.511115M.アームストロングARTグランプリ17.7891211L.デレトラズチャロウズ・レーシング・システム19.3741316A.マルケロフBWT HWAレースラボ31.999149R.ボシュングカンポス・レーシング34.3881514G.アレジMPモータースポーツ35.0821625L.ギオットハイテックGP38.1131723佐藤万璃音トライデント39.0591817T.プルシェーBWT HWAレースラボ41.719191S.ゲラエルダムス45.8472022R.ニッサニートライデント50.305216C.ルンガーARTグランプリ59.2922210G.サマイアカンポス・レーシング1Lap

このニュースに関するつぶやき

  • こうなりゃ、勝ってミック・シューマッハに続いてください。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定