【インタビュー】舞台版「オリエント急行殺人事件」椎名桔平「新しいポアロを作っていきたい」

0

2020年12月06日 08:11  エンタメOVO

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

エンタメOVO

写真エルキュール・ポアロ役の椎名桔平
エルキュール・ポアロ役の椎名桔平

 アガサ・クリスティ生誕130年となる2020年、演出・河原雅彦、主演・椎名桔平による、舞台版「オリエント急行殺人事件」が上演される。本作は、1934年に英国で出版された後、名探偵エルキュール・ポアロが軽妙に事件を解決するさまが世界中の人々を魅了し、幾度もドラマ化、映画化されてきた。舞台版は、2019年に日本で初演された。ポアロを演じる椎名に、作品への思いや、役作りについて聞いた。




−実に2年ぶりの舞台出演になります。出演が決まったときの気持ちを聞かせてください。

 2年前に舞台に立たせていただいたときも、5年ぶりだったんです。今回も久しぶりの舞台になってしまいましたが、この作品に出演させていただけることは、大変光栄に思っています。僕にとって、この作品は、新しいチャレンジです。ポアロのイメージは自分とは一致しなかったものですから、果たして自分にできるのかという思いもあります。原作のファンの方も、映画のファンの方もいらっしゃいますが、その方たちがこの作品を、そしてポアロという役を新鮮に見てもらえればと思って、今、稽古に励んでいます。

−この作品の魅力をどこに感じていますか。

 1934年当時、アメリカやヨーロッパから見たら、東洋は神秘的な土地だったと思います。そんなミステリアスな異国に向かう、オリエント急行もまた、独特の世界観があり、それが魅力の一つだと思います。それはある意味、人間が本来持っている「見果てぬ地への憧れ」にも共通するものなんじゃないかな、とこの作品を読んで感じました。物語的なことで言えば、すでに多くの方がこの作品の結末を知っていると思いますが、出版された当時は、誰も想像できない結末だったはずです。これだけ斬新なミステリーはなかなかない。その斬新さは色あせないものではないでしょうか。

−ポアロは、大変有名なキャラクターですが、現在、椎名さんはどのようにこの役を作り上げていきたいと考えていますか。

 今(取材当時)、稽古真っ最中なのですが、まだ、あまり決めつけないで、稽古の中で何が生まれてくるのかを考えながら演じている段階です。稽古が終わって自宅で夜に台本を読んでいると「こうしたらどうかな」というアイデアが生まれてきて、でもそうすると最初から演技を変えないといけないぞ、とか(笑)。そんなことを日々、考えて、試しています。

−演出の河原さんとは今回、初めてのタッグということですが、演出を受けてどのような印象がありますか。

 演出の仕方がとても優しく、丁寧な方です。ご自身でも演技をされているので、気持ちの出どころを理解した上で演出をつけてくださいます。なので、俳優としてはとても理解しやいと感じました。それから、直接お伺いしたことはないですが、河原さんは「言葉」に対して強いこだわりや独自性があるように思います。昨年、初演を成功させているという裏付けもあり、すぐに信頼感が持てました。

−舞台作品にご出演する思いも聞かせください。椎名さんは映像作品でも活躍していますが、定期的に舞台に出演したいという思いがあるのでしょうか。

 僕よりも舞台を好きな方もたくさんいらっしゃいますし、舞台を主戦場にされている役者さんもたくさんいらっしゃる。その中で、僕が出ていくのはおこがましいという気持ちもあって、なかなかコンスタントに出演はできていないのが現状です(笑)。ただ、先日、鹿賀丈史さんが出演されていた、ミュージカル「生きる」を見に行き、新しいミュージカルの表現に感動し、改めて舞台作品への思いも強くなりました。僕も音楽の勉強を続けていけば、いつかミュージカルにもチャレンジできる機会があるかもしれない、それも楽しんじゃないかなと、そんなことも考えたりしました。

−新型コロナウイルスによって仕事にも大きな影響があった1年だと思いますが、俳優業への思いや、仕事に対する向き合い方に変化はありましたか。

 新型コロナの第一波の頃には、「なんて無力な稼業なんだろう」と感じることが多かったです。医療関係者の皆さんが命懸けで戦っているのに、僕は何の役にも立たない。頑張ってくださいと声を掛けることしかできなかったので、無力感がありました。今も新型コロナは終息しておらず、医療関係者の皆さんをはじめとして、たくさんの方々が一生懸命に対応してくださるおかげで、僕たちは生活できているわけですし、まだ大きな声でエンターテインメントを主張する時期ではないのかもしれませんが、落ち込んでいる方や、疲れた方、希望を持てなくなった方につかの間でも笑いや感動を届けられたらと思っています。今回、僕はコロナ禍になってから初めて舞台上に立ちますが、このような状況の中でも劇場に来てくださる皆さまに楽しんでいただけるような作品を、稽古を通して作っていきたいと思っています。

−改めて作品の見どころを。

 アガサ・クリスティ生誕130周年、クリスティが作家デビューしてから100年という節目の年に、この作品に出演できることを大変うれしく思っております。この作品は、ミステリー界の金字塔とも呼べる作品です。ある意味、古典といってもおかしくないほど、広く知られています。今回は、新しい「オリエント急行」、新しい「エルキュール・ポアロ」を作っていきたいと思っています。映画やドラマ、原作でこの作品を知っている方もたくさんいらっしゃると思いますが、これまでとはまた違う世界観の作品をお届けしたいと思っておりますので、ぜひ興味を持っていただけたらうれしいです。

(取材・文/嶋田真己)


舞台版「オリエント急行殺人事件」


 舞台版「オリエント急行殺人事件」は、12月8日〜27日に、都内・Bunkamuraシアターコクーンで上演。
公式サイト http://www.orientexpress-stage.jp

もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない場合はこちら

    ニュース設定