『明石家サンタ』AKB48峯岸みなみが明かした“不幸話”に疑問の声が集まったワケ

0

2020年12月25日 17:13  日刊サイゾー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊サイゾー

写真『明石家サンタ史上最大のクリスマスプレゼントショー2020』フジテレビ公式サイトより
『明石家サンタ史上最大のクリスマスプレゼントショー2020』フジテレビ公式サイトより

 12月24日深夜にクリスマス恒例番組『明石家サンタ史上最大のクリスマスプレゼントショー2020』(フジテレビ系)が放送された。

「明石家サンタ」に扮する明石家さんまと司会でフリーアナウンサーの八木亜希子によるこの番組。毎年一般人や芸能人が番組に不幸話を寄せて話題になる人気番組となっている。

 そんな中、この日「年中無休の反抗期」と自己紹介しつつ、電話が繋がったのはAKB48のメンバーの峯岸みなみ。まさかの自己紹介にさんまも苦笑いしていたが、この日は自身の不幸話として、「私、AKB最後の1期生として14年やらせていただいてたんですけど、そろそろ自立しなきゃいけないなと思いまして」と言い、昨年の12月に卒業発表を行ったことを報告。4月に卒業コンサートが予定されていたものの、コロナ禍により延期になってしまったことを明かした。

 峯岸は卒業発表後、けじめとして卒業まで禁酒をしようと決意したというが、延期により「順当に卒業できてたら117日で済んでた禁酒がいま382日目になってるんですけど」とぼやき。ここでさんまが鐘を鳴らし、見事合格となったが、峯岸の愚痴は止まらず。「最近は『卒業詐欺なんじゃねーか』って囁かれている」「(ファンも)“まだいてくれ”って派閥と“もういいだろ”って派閥が真っ二つで」と話していた。

 しかし、視聴者から集まったのは、「配信ライブで卒業したら…?」「他のグループでもこの状況で卒業してる子はいるでしょ」「詐欺って言われても仕方ない状況作ってるって分かってないのか」といった呆れ声だった。

「実際、コロナ第一波では卒業を予定していた多くのアイドルが卒業を延期していましたが、その後、無観客ライブや徹底的に感染対策を行ったライブなどで卒業しているアイドルも多くいます。峯岸には“最後の1期生”というプライドもあり、盛大な演出の卒業コンサートを行いたいのかもしれませんが、嵐でさえ無観客で最後のライブを行うという状況で、“コロナ禍で卒業延期”は無理があると感じた視聴者も多かったようです」(芸能ライター)

「春には卒業したい」と明かしていた峯岸。果たして本当に卒業することはできるのだろうか――。

    ニュース設定