SHELLY「性教育チャンネル」に共感コメント続出、平手友梨奈は16万人突破! YouTube新参入タレント動向

0

2021年01月13日 14:02  サイゾーウーマン

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サイゾーウーマン

 2020年から21年をまたぐ、年末年始のあわただしい時期にYouTubeへ参入したタレントといえば、指原莉乃が話題になった。しかし、その陰で、同時期にチャンネルを開設したものの、いまいち話題になっていないタレントがいる。

 まずは、昨年12月22日に1本目の動画を公開した平手友梨奈。欅坂46(現・櫻坂46)の絶対的エースとしてグループを牽引してきた平手のチャンネル登録者数は、現在16万人(1月12日調べ、以下同)を記録している。

「しかし、平手のチャンネル『平手友梨奈』はネット上でほとんど話題になっていません。それもそのはず、アップされているのはソロ1作目の配信限定シングル『ダンスの理由』のMVだけですから。今後、YouTubeをどのように活用していくつもりなのか、これだけではわかりません。新たに配信される動画に期待したいところです」(芸能ライター)

 続いては、イケメン俳優として名を馳せた山本裕典だ。現在は俳優業のほか、「DJ Y2」という名でDJをしていたり、飲食店の経営者としての一面も持ち合わせているが、昨年12月25日、ついに自身のYouTubeチャンネル「山本裕典ちゃんねる」を開設。年が明けた1月6日には、旧知の仲だという人気YouTuber・てんちむと、お互いのチャンネルでコラボをして話題になったが、チャンネル登録者数は2万5,000人と振るわない。

「最初に投稿した動画は、記者を集めた謝罪会見の生中継に見える、凝った作りでした。記者からの質問に答える形で、これまでの女性問題、それに端を発したエヴァーグリーン・エンタテイメントとの契約終了のいきさつなどを語る内容で、現在までに6万6,000回再生されています。しかし、本人にとっては予想以上の不出来だったのか、てんちむのチャンネルに出演した際に『クソすべった』と語っていました」(同)

 現在までに公開された動画は5本。再生回数が最も多いものは、そのてんちむが登場した動画となっている。果たして、山本は今後YouTuberとしてどう戦っていくのだろうか。

 3人目はSHELLY。性教育の大切さを訴えるチャンネル「SHELLYのお風呂場」を昨年12月23日に立ち上げ、チャンネル登録者数は5万8,000人だ。

「このチャンネルでのSHELLYは、女性の立場から避妊薬などについて解説しています。これまでに3本投稿した動画のうち、所信表明にあたる1本目の再生回数は23万回、アフターピルを取り上げた2本目は15万回。そして直近の3本目は143万回とヒット。この3本目は、SHELLYが、自身のSEXの失敗談や避妊の必要性を語るもの。コメント欄は女性から共感の声が続出しており、今後にも期待が寄せられています」(同)

 そして、このほど人気ママタレ・小倉優子がいよいよ動き出したようだ。1月5日に更新した自身のインスタグラムで、手作りシフォンケーキの写真を投稿しながら、「今年はYouTubeで紹介したいです。YouTubeを始めたら、見てくださいね」と呼び掛けていた。

 料理動画を公開するママタレYouTuberは、すでに何人も存在するが、小倉はどう差別化するつもりだろうか。いずれにしても、飽和状態のYouTube界。新たに参入した面々の活躍を祈るばかりだ。
(村上壮亮)

    ニュース設定