人気YouTuber・ヒカル、芸能人は「金で動く」発言が賛否両論! 「下品な発想」と批判も「結果出してるのは事実」の声

0

2021年01月15日 18:42  サイゾーウーマン

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サイゾーウーマン

写真ロコンド公式YouTubeチャンネルより
ロコンド公式YouTubeチャンネルより

 人気YouTuberのヒカルが“今後の活動展開”について語り、ネット上で賛否両論が巻き起こっている。 
 
 発端となったのは、1月11日に通販サイト「ロコンド」の公式YouTubeチャンネルにアップされた「【ヒカルTV公開記念】カリスマと初対談したら次の野望がヤバくて震えたww」という動画。ヒカルはこれまで、自身が立ち上げたアパレルブランド「ReZARD」とロコンドのコラボシューズを発売したり、雨上がり決死隊・宮迫博之とともにCMに出演したりと、同社とは非常に近しい関係性を築いている。 
 
「ロコンドの社長・田中裕輔氏と共に出演した動画の中で、今後、“個人的にやりたいこと”について聞かれたヒカルは、『テレビとYouTubeの融合』と返答。具体的な構想はまだないものの、『思いつけばやりたい』と意欲を示していました。また、ReZARDのCMを制作するにあたり『トップの芸能人を起用したらどうなるか知りたいんですよ』と、俳優・菅田将暉の名前を出す場面も。『強いインフルエンサーを買って、その人に(靴を)履いてもらって勝てるんだったら、それって最強』と熱弁し、『結局、金で動きますよね』『お金積まれりゃReZARDの靴でも履くでしょ?』などと、“資金力”があれば人気芸能人を起用できると考えているようでした」(芸能ライター) 
 
 この発言に対し、動画のコメント欄にはヒカルのファンから「藤原竜也さんなんていいんじゃない!?」「本田翼さんや川口春奈さんはYouTubeもやってるし、 影響力めちゃくちゃ持ってるはず」などと、CMに出てほしい芸能人の名前が続々と書き込まれることに。一方、ネット上では「芸能人を金で買うって下品な発想」「そんな単純な話じゃなくない?」「冷静に考えて、菅田将暉のほうが稼いでると思うけど……」といった批判的な声も少なくない。 
 
 そんなヒカルに密着したドキュメンタリー番組『職業カリスマ 〜YouTuberヒカルの光と影〜』(TOKYO MX)が、この動画の公開同日に放送されていた。
 
「『職業カリスマ』は、テレビ放送と同時にヒカルの公式YouTubeチャンネルでも生配信され、視聴者数は最高で約19万人を記録。田中氏とコラボ商品の打ち合わせをする場面なども映されており、ネット上では『ヒカルは好きじゃない。でも、インフルエンサーとしてはすごいと思う』『あんまりいいイメージないけど、結果出してる成功者なのは事実だよね』『YouTuberというか、もはやビジネスマン』など、ヒカルの影響力を認める声も上がっていました」(同) 
 
 批判を浴びつつも、活躍を期待するファンが多いヒカル。ReZARDのCMに有名芸能人が出演する日は来るだろうか?

    ニュース設定