イラストレーター焦茶さん、2020年6月に逝去 YOASOBI・Ayaseの楽曲イラストなどで活躍

116

2021年01月16日 20:18  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真焦茶さんがイラストを手掛けた「幽霊東京」(画像はYouTubeから)
焦茶さんがイラストを手掛けた「幽霊東京」(画像はYouTubeから)

 新進気鋭のイラストレーターの焦茶さんが2020年6月末に不慮の事故で逝去していたことを、2021年1月15日に関係者が焦茶さんのTwitterで公表しました。



【画像】焦茶さんの作品まとめ



 関係者は書面で「昨年6月に仕事場にて不慮の事故により亡くなりました。警察にもご確認頂きましたが事件性はありません」と報告。焦茶さんがお気に入りだったという那須高原のコテージで家族と1週間過ごした翌日の出来事だったそうで、「息子を亡くした私共の悲しみは今も癒えておりません」と悲痛な思いをつづっています。なお、葬儀は近親者のみで執り行われたことのことです。



 1995年生まれの焦茶さんは、これまでバーチャルタレント・樋口楓さんのイベントビジュアルや、『Fate/Grand Order 電撃コミックアンソロジー11』(電撃コミックスNEXT)の表紙、小説装画『重力アルケミック』(星海社)、『火曜新聞クラブ−泉杜毬見台の探偵−』(ハヤカワ文庫)などを担当。また、音楽ユニット「YOASOBI」のAyaseによる楽曲「幽霊東京」のイラストや、「WEGO」とバーチャルシンガー「初音ミク」のコラボイラストを描き下ろしなど、幅広く芸術作品に携わり、2019年6月には自身初の個展「HELLO HELLO HELLO」も開催していました。



 焦茶さんの訃報に、ネット上では星海社、電撃文庫、集英社の「JUMP j BOOKS」編集部と多くの出版社から追悼メッセージが寄せられた他、ファンからは「涙が止まりません」「亡くなられたなんて信じられないです」「焦茶さんの描く世界観がめちゃくちゃ大好きでした」「彼と彼の作品がこれから先もずっと人々の元に伝わり続きますように」など、偲(しの)ぶ声が多数上がっています。


このニュースに関するつぶやき

  • 「仕事場にて不慮の事故により亡くなりました」……事件性はないとのことだけど、いったい何があったのだろう。転んだだけでも、人間、死ぬときは死ぬからなあ。合掌。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 階段から落ちるとか色々不慮の事故って考えられるけども。作品見てきたけどきれいな絵柄で好みだったわ。ご冥福をお祈りします。
    • イイネ!71
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(60件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定