YOASOBI、今年は「自分たちが引っ張る年に」 「夜に駆ける」ヒットに感謝の思い

22

2021年01月18日 17:30  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『CDTVライブ!ライブ!』2時間スペシャルに出演するYOASOBI (C)TBS
『CDTVライブ!ライブ!』2時間スペシャルに出演するYOASOBI (C)TBS
 昨年大みそかの『第71回NHK紅白歌合戦』でテレビ初歌唱を果たした音楽ユニットのYOASOBIが、18日の『CDTVライブ!ライブ!』2時間スペシャル(後9:00〜10:57)で民放番組に初出演する。出演にあたり、オンラインで取材に応じた2人は、目まぐるしく環境が変化した昨年、そして今年の抱負を語った。

【写真】民放での初歌唱に意気込みを語ったYOASOBI

 コンポーザーのAyase、ボーカルのikuraからなる“小説を音楽にするユニット”YOASOBIは、ソニー・ミュージックエンタテインメントが運営する小説・イラスト投稿サイト『monogatary.com』から誕生したクリエイターユニット。デビュー曲「夜に駆ける」は昨年に最もヒットした曲と言われている。

 Ayaseは「本当に怒涛でした。目まぐるしく日々、変化していった日常と、その中でしがみついて頑張っていくことの繰り返しの積み重ねで今がある」としみじみ。ikuraは「ありたいことに、すごく忙しくさせてもらった。本当に、ついて行くのに必死」と振り返りながら「2020年は『夜に駆ける』という楽曲に引っ張っていってもらって、しがみついて行ったという感じ。だからこそ2020年を終えて、2021年は自分たちが引っ張っていけるような、そんな年にできたら」と抱える思いを口にしていた。

 『CDTVライブ!ライブ!』は、民放での初歌唱となり、当日は「夜に駆ける」と、1月6日に発売されたEP『THE BOOK』より「アンコール」の2曲をフルサイズで歌う。また、「アンコール」はテレビ初披露となる。Ayaseは「すごく緊張しているんですけど、ライブなので楽しくやれたらいいな」と意気込み、ikuraも「緊張でガチガチなんですけど、本番はリラックスして『夜に駆ける』以外にも新曲の「アンコール』という曲もやりますので、そちらも注目して聞いていただけたら」と呼びかけた。

 楽曲についても説明。「夜に駆ける」についてAyaseは「デビュー曲で、小説を音楽にするユニットの1発目の曲。シリアスでグロテスクなところが原作の小説にはあるけど、だからこそキャッチャーでポップなもので包み込んだ。その中に包まれているグロテスクさにみたいなものに触れた時に『はっ』とさせられるようなドラマができたらと思って作った楽曲。1曲目ということもあって思い入れの深い曲ですね」と話す。

ikuraは「『アンコール』は『世界の終わりと、さよならのうた』という小説が原作。世界があした終わってしまうかもしれない、というネガティブなところから始まるんですけど小説や歌の最後にあるように、その先に希望を感じながら最後の日を過ごす2人の物語。歌う上でも暗いように見えますけど希望を感じながら歌えたらいいな」と込めた思いを明かした。

 昨年の大みそかの同番組を見ていたそう。番組のイメージを問われるとAyaseは「テレビで体感するライブ。友だちのアーティストが出ていたので『ウォ〜イ』みたいな(笑)。ちゃんとライブをやっていて、それがテレビの前で体感できるなというイメージです」と笑顔。ikuraも「歌番組というよりもライブを見ているお客さんの気持ちを体験できる番組だなって大みそかに見ていて思いましたね」と話していた。

 バラエティー番組にも出演するなど多忙な日々を過ごしている。ikuraは「テレビ局に入るのに慣れない。『テレビの中だ!』って感じ」と照れ笑い。Ayaseも「そうだね(笑)。『タレントさんみたい』っていう感覚」と同調しながらも「歌番組は、音楽を披露する場。自分たちの土俵なので、しっかりとやりたい」と兜の緒を締めていた。

このニュースに関するつぶやき

  • イクラちゃん可愛い
    • イイネ!2
    • コメント 13件
  • 新アルバム買ったよ
    • イイネ!5
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(14件)

ニュース設定