松本潤「嵐という船を一度降りて」大河主演決意までの葛藤 オファー一度は保留【コメント全文】

10

2021年01月19日 16:23  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真2023年大河ドラマ『どうする家康』の主演に決定した松本潤
2023年大河ドラマ『どうする家康』の主演に決定した松本潤
 2023年のNHK大河ドラマが19日に発表され、松本潤(37)が主演を務める『どうする家康』に決定した。昨年末で嵐が活動休止となって以来、初めて公にコメントを発表した松本は、昨年11月に主演のオファーをもらった際に「結論を待っていただきました」と舞台裏を明かすとともに、大河ドラマという壮大な挑戦への決意を語った。

【動画】松本潤のコメント動画到着!2023年大河ドラマ『どうする家康』

【松本潤のコメント全文】

初めに聞いたときはビックリしました。
自分に大河のオファーが!?
しかも誰もが知っている、あの家康を!?
脚本が僕も大好きな古沢良太さん!!

しかしうれしかったのと同時に、大きな不安も感じました。
そんな大役を自分が務め上げられるのかと。

初めにこの話を聞いたのは昨年の11月。
嵐として2020年いっぱいまでは走り切りたいと思ってた僕は、これだけの大きな事を決めることはできないと思い、結論を待っていただきました。
スタッフの皆さんには本当に感謝しています。

そして年が明けてから今一度考えました。
嵐という船を一度降りて、新たな冒険の先を見つけようとしている僕にとってこんなに大きな挑戦はありません。

また次に、心血を注いでみんなとモノづくりができるなら、この大きな挑戦をしてみたい。

古沢さんの考える家康像はとても斬新です。
今までとは違う新たな家康を一緒に作っていけたらと思っています。
そして乱世に振り回されながら、必死に生き抜き戦国の世を平定させた人物を熱く演じられたらと思います。

日曜の夜を大河ドラマが好きな方はもちろんのこと、若い世代の皆さんにも楽しんでいただけるようなエンターテインメントをお届けできるよう一所懸命やらせていただきたいと思います。

楽しみにしていてください。


 今作で、誰もが知る歴史上の有名人・徳川家康の生涯を描くのは、『コンフィデンスマンJP』シリーズ、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズなどの古沢良太氏。初めて大河ドラマの脚本を担当する。

■最近のNHK大河ドラマと主演俳優・女優
・2022年『鎌倉殿の13人』小栗旬
・2021年『青天を衝け』吉沢亮
・2020年『麒麟がくる』長谷川博己
・2019年『いだてん〜東京オリムピック噺〜』中村勘九郎/阿部サダヲ
・2018年『西郷どん』鈴木亮平
・2017年『おんな城主直虎』柴咲コウ
・2016年『真田丸』堺雅人
・2015年『花燃ゆ』井上真央
・2014年『軍師官兵衛』岡田准一
・2013年『八重の桜』綾瀬はるか
・2012年『平清盛』松山ケンイチ
・2011年『江〜姫たちの戦国〜』上野樹里
・2010年『龍馬伝』福山雅治

このニュースに関するつぶやき

  • ジャニーズの過去の大河主演というと…黒田官兵衛の岡田君、義経のタッキー、近藤勇の香取君…あ、慶喜の本木さん(来年の大河の慶喜役は草なぎ君だね)…………琉球の風だぁ、思い出せなかった�������������ӻ�������
    • イイネ!6
    • コメント 0件
  • 家康は滝田栄がよかったわ。松潤の家康は演技力大丈かなexclamation ��2
    • イイネ!23
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(6件)

ニュース設定