千鳥&かまいたちの冠番組、10回レギュラー放送 『元テレ』問題企画の“笑いしろ”探る

0

2021年01月20日 13:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真バラエティー番組『千鳥VSかまいたち』全10回のレギュラー放送決定(C)日本テレビ
バラエティー番組『千鳥VSかまいたち』全10回のレギュラー放送決定(C)日本テレビ
 お笑いコンビ・千鳥(大悟、ノブ)とかまいたち(山内健司、濱家隆一)による日本テレビのバラエティー番組『千鳥VSかまいたち』(※関東ローカル 毎週日曜 後0:45)が、24日より全10回のレギュラー放送がスタートする。

【写真】正月には…特番放送で伝説番組の“笑いしろ”探す

 番組のコンセプトは、世の中のあらゆるものに「まだ笑える余地“笑いしろ”があるのか?」「もっと面白くできるのか?」というもので、今月3日深夜に特番を放送。特番では、日本テレビ系の伝説ヒット番組の中で「たった1回で終わってしまった企画」を、この4人が1回では終わらないヒット企画に導けるのか、作戦会議をして実演・検証していった。

 4人のその場での発想から生まれた“山内が犬のかぶりものをして妻に競馬の負けを告白する”という実演では、その容姿から「スーツプードル」と名付けられ、見た目のインパクトや山内が妻への言い訳に「スーツプードルとしては…」と連呼したことなどから、放送後に「スーツプードル」がSNSでトレンド入りし話題となった。

 ノブも「途中から頭を回さんとどうにもならなくなってきた、手も足も出んのもあるよ」と振り返る中、今回も同テーマで日本テレビの伝説ヒット番組『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』『アメリカ横断ウルトラクイズ』『マジカル頭脳パワー!!』の中からたった1回で終わった“ワケありの企画”に4人が挑む。

 1980年〜90年代のテレビ黄金期のシュールかつ壮大な企画に、ノブは「これを見たら、オレら甘やかされてる時代やな…」と痛感。『元気が出るテレビ!!』のたった1回で終わった問題の企画「ダジャレ青年の主張」というVTRから「高速ダジャレしりとり」という新ゲームを考案して即興で行う。果たして、今回も千鳥・かまいたちの4人でしかできない即興の“笑いしろ”が生み出されるのか。
    ニュース設定