VR映画に特化した日本初の国際映画祭開催 審査員に園子温ら

0

2021年01月20日 23:02  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真「Beyond the Frame Festival(ビヨンド・ザ・フレーム・フェスティバル)」審査員・公式ナビゲーター (C)Beyond the Frame Festival
「Beyond the Frame Festival(ビヨンド・ザ・フレーム・フェスティバル)」審査員・公式ナビゲーター (C)Beyond the Frame Festival
 VR映画に特化して上映・コンペティションを行う日本初の国際映画祭「Beyond the Frame Festival(ビヨンド・ザ・フレーム・フェスティバル)」が、2月12〜21日に開催されることが決まった。

【写真】「Beyond the Frame Festival(ビヨンド・ザ・フレーム・フェスティバル)」メインビジュアル&ロゴ

 映画の誕生から130年以上たった現在、従来の横型フレーム以外にも、縦型、180度、360度と新しいフレームを使用した映画が登場し始めている。本映画祭では、“Beyond the Frame(枠組みを超える)”をテーマに掲げ、横型フレーム映画と異なるフレームで制作されたVR映画にフォーカスを当てる。さらに、新しい表現を追求するクリエイターたちが世界に羽ばたくきっかけを作ることを目的に、文化庁委託事業「文化芸術収益力強化事業」の支援を受けスタートした。

 作品上映および関連イベントは全てオンラインで、日本語・英語(同時通訳)にて開催。世界中どこからでも参加できる。さらにショーケース方式で、コンペティションもスタート。映画祭事務局によって国内外から選ばれたノミネート作品は、会期中、VRコンテンツ配信プラットフォーム「VIVEPORT」および「VeeR」の協力によりオンライン上で上映する。審査員が3つのカテゴリー“Grand Prix” “VR Story Award” “VR Experience Award”を選出し、受賞作品は映画祭最終日の2月21日に行われるクロージングセレモニーにて発表される。

 第1回の受賞作品を決定する審査員は、映画監督・脚本家の園子温、作家・画家の大宮エリ―、ソニー・デジタルエンタテインメントの創始者でスピーディ社長の福田淳氏の3人。

 園は本映画祭について「VRは映像の未来形。だから、私は映画監督という肩書きを超えて、新しい門を開きたい。その道には必ず、目指すべき何かがあるから、この審査員を引き受けた」とコメントしている。

 映画祭公式ナビゲーターはVTuberの届木ウカが務める。

 会期中は上映作品にちなんだトークイベントも予定している。

 「Beyond the Frame Festival」は、オンラインにて2月12〜21日開催。
    ニュース設定