【おちょやん】第35回見どころ サブタイトル「好きになれてよかった」とは?

1

2021年01月21日 08:15  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『太陽の女カルメン』撮影現場で芝居をする竹井千代(杉咲花)=連続テレビ小説『おちょやん』第7週・第35回より (C)NHK
『太陽の女カルメン』撮影現場で芝居をする竹井千代(杉咲花)=連続テレビ小説『おちょやん』第7週・第35回より (C)NHK
 NHKで放送中の連続テレビ小説『おちょやん』(月〜土 前8:00 総合/前 7:30 BS4K・BSプレミアム※土曜日は1週間の振り返り)。22日放送の第35回の見どころは?

【写真】千代にあることを告げる小暮(若葉竜也)

 監督と衝突していた高城百合子(井川遥)が、相手役と失踪する事件が起き、撮影所は大混乱に陥る。千代(杉咲花)は恋心を抱く相手・小暮(若葉竜也)が、百合子のことを本気で好きだったことを知り、胸が苦しくなるのだった。そんな折「太陽の女・カルメン」を新キャストで撮り直すことが決まり、千代が大抜てきされる。それは百合子の置き土産だった。千代の役は、他の女性を好きになった夫に捨てられる妻という役柄だった…。

 本作は、大正から昭和にかけて活躍し、「大阪のお母さん」として親しまれ、上方女優の代名詞とも言われた浪花千栄子さんをモデルに、ヒロイン・竹井千代(主演:杉咲花)の波乱万丈な半生を、『半沢直樹』(2013年)などの脚本家・八津弘幸氏がオリジナルで描く。

このニュースに関するつぶやき

  • 愛しすぎなくて良かった
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定