市川紗椰が昨年を振り返り「必要だったのは『補うこと』ではなく、『無駄を省くこと』だったとわかりました」

0

2021年01月22日 06:31  週プレNEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

週プレNEWS

写真今年もよろしくお願いします!
今年もよろしくお願いします!

『週刊プレイボーイ』で連載中の「ライクの森」。人気モデルの市川紗椰(さや)が、自身の特殊なマニアライフを綴るコラムだ。今回は2021年の抱負を語る。

* * *

教科書に載るレベルの一年になった2020年、皆さんはどう生き抜きましたか。カレンダーのページをめくったからって何かが変わるわけではないけれど、今年の暮れには「去年はすごかったねー」とのんきに話せていることを願っています。

2020年の抱負は、安易に子(ね)年にちなんで「がんばりマウス」でした。ブログのお年賀投稿にしれっと書いただけでしたが、数年続いていた薄らぼんやりとした倦怠(けんたい)感とやる気の低下から抜け出せるよう、ひそかに誓いました。

単行本『鉄道について話した。』の発売に向けて私にとって初のSNS、インスタグラムも開設し、目の前の仕事をこなしていた1月と2月。4月には世界が止まり、ステイホーム生活が始まりました。どこが「がんばりマウス」だ!と最初はもどかしかったものの、すぐにそれなりに充実した過ごし方を見つけました。

ホームシック対策としてアメリカ料理をたくさん作ったり、子供の頃以降食べていなかったアメリカンスイーツにもハマりました。ずっと見たかった映画や読みたかった本を読もうとしましたが、意味があることをしたくない、という強い気持ちから、普段は絶対見ないリアリティショーやジャンクな作品に触れました。

これが不思議と原点回帰につながり、自分の本質を思い出すきっかけに。日頃から無意識に「ためになるもの」を求めてしまっていたことに気づき、そこから解放されたのは大きな収穫でした。

英語脳の私は、仕事の前に日本のコンテンツに触れて頭を日本語モードに切り替えています。でも、現場がない日が続くとその必要がなく、ただただ見たいもの聴きたいものに浸ることができ、いかに自分が常に「オン」だったか気づかされ、実にならないものの大切さを知りました。

以前、疲弊していたとき、「削(そ)ぎ落とされたものを取り戻したい」と願いました。しかし必要だったのは「補うこと」ではなく、「無駄を省くこと」だったとわかりました。自分を変えたいときは何かを始めることが多いと思いますが、どちらかというと、何かをやめたほうがいいのかもしれません。

ということで、今年の抱負は安易に丑(うし)年にちなんで、「モーそういうのはやめます」。見て見ぬ振りをしてきた悪い癖、脱却します。とりあえず断捨離から!

とまじめなことばっかり考えた一年に聞こえますが、そうではありません。「街から人が消えても、信号機はまだ色を変えてるの!?」とシュレーディンガーの信号機への問いから、大半の時間はくだらない発想に費やしていました。

ここで、人に言うほどではないどうでもいい思いつきの一部を発表します。.優奪箸慮〆履歴より、スマホの電卓の履歴を見られるほうが大人として恥ずかしい。▲蹈咼鵝Ε侫奪匹聾義勅匆饉腟措圈プロポーズと土下座の差は、膝ひとつだけ。だ廼發蝋颪悗離汽屮好。ゥ┘外媼韻高いコミュニストのアフリカ系アメリカ人が悲しんだら、その人はグリーンで赤でブラックでブルー。

まとめますと、考える時間がありすぎるのはよくありません。2021年は皆さんにとってわくわくする一年になりますように。

●市川紗椰(いちかわ・さや)
1987年2月14日生まれ。愛知県名古屋市出身、米デトロイト育ち。父はアメリカ人、母は日本人。モデルとして活動するほか、テレビやラジオにも出演。著書『鉄道について話した。』が好評発売中。今年こそ『のど自慢』の観覧に行きたいと、今から計画を立てている。Instagram【@sayaichikawa.official】

    ニュース設定