「最旬美男子」宮世琉弥の“トリセツ”「色んな顔を見てください」

0

2021年01月22日 17:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真スタイルブック『RB17 りゅうびセブンティーン』の発売が決定した宮世琉弥 (C)SDP
スタイルブック『RB17 りゅうびセブンティーン』の発売が決定した宮世琉弥 (C)SDP
 俳優の宮世琉弥が、17歳の誕生日を迎えた1月22日、“取扱説明書”『RB17 りゅうびセブンティーン』を3月14日に発売することを発表した。

【収録カット】至近距離で”甘い目線”を披露する宮世琉弥

 タイトルの『RB』は“りゅうびズ・バイブル”という意味合いも込められており、美男子っぷりが存分に詰まったグラビアカットはもちろん、理想のデート企画、私服コーデや毎日のルーティーン、ロングインタビューによるヒストリーを紹介。さらに『RB17』の表紙画像とグラビアページから収録カット4点が解禁となった。

 本作に収録されている写真は、そのどれもが妄想の世界から飛び出してきたかのような圧倒的透明感と最強美男子っぷり。その中から栄えある表紙に選ばれたのは、季節をテーマにしたグラビアの“秋”のページに収録されている写真で、スプーンをくわえてどこか物欲しげに甘えたような表情でこちらを見つめる一枚。

 “ふわっとした美男子“という印象の中にも、17歳・現役高校生にして醸し出される大人の色っぽさにハッとさせられる。“食欲の秋”にまつわり、ほかにも焼きいもやチキン、シュークリームやドーナツなどのたくさんの食べ物を頬張るあどけない素顔も見せている。

 宮世は「僕の初めてのスタイルブック! 『RB17』が発売することになりました! こんなに素敵な自分の本をだせるなんて夢みたいです。 本当に皆さんのおかげです!」と感謝。「この本は僕の色々な事が分かってしまいます! 完全に今の17歳の僕、宮世琉弥のトリセツです。僕の事を知らない方でも読んでもらえたら分かってしまうほどです! 是非、色んな宮世の顔を見てください。学校やお仕事に一緒に連れて行ってみんなで見てくれるとうれしいです!」とメッセージしている。

 宮世は昨年、人気若手俳優の登竜門とも言われる資生堂『シーブリーズ』のCMや、10月クールで放送されたTBS金曜ドラマ『恋する母たち』に仲里依紗演じる蒲原マリの息子(蒲原繁秋)役で出演し「この美男子は誰?」と話題に。さらに、現在放送中のドラマ『青のSP』(毎週火曜 後9:00 フジテレビ系)では、学校内警察制度が試験導入されることになった中学校に通う、佐々木悠馬というミステリアスな生徒役を演じており、今後の活躍が期待されている。
    ニュース設定