<芸能プロダクション2021年イチ押し新人>松竹エンタテインメント・古川あかり、夢はミュージカル女優「いつか憧れの新妻聖子さんと同じ舞台に立てるように頑張ります!」

0

2021年01月22日 20:02  デビュー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

デビュー

写真古川あかり(松竹エンタテインメント所属)
古川あかり(松竹エンタテインメント所属)
 2021年1月期ドラマが続々とスタート。様々な作品でこれからのエンタメ界を担うであろうネクストブレイクが起用されている中、新人開発に積極的な芸能プロダクション各社が今年プッシュする注目の新人を紹介。様々なジャンルで活躍する俳優、人気歌舞伎俳優も多数在籍する松竹エンタテインメントの『イチ押し新人』古川あかりを、本人のインタビュー&担当マネージャー・スタッフの取材とともにクローズアップ。ミュージカル好きの両親の影響で、幼少期からミュージカル女優になることが夢だという古川は、「いつか憧れの新妻聖子さんと同じ舞台に立てるように頑張ります」と今後の目標を明かした。

【写真】アイズ「イチ押し新人」優月

【松竹エンタテインメント所属:古川あかり】

――デビューのきっかけは?

【古川あかり】「『松竹ジャパングランプリ全国オーディション2019』というオーディションに参加し、グランプリを頂いたことがきっかけです」

――芸能界に憧れたきっかけ

【古川あかり】「両親がミュージカル好きで、幼少期からたくさんのミュージカルを観てきました。そのうち自分もこの舞台に立ちたいと思うようになり、保育園の年長の時からミュージカル女優になることが夢になりました」

――このお仕事の魅力や楽しさ、大変だと思うこと

【古川あかり】「このお仕事の魅力は、終わりがないことだと思います。例えば、一つのことを経験するとその先にまた新しい扉が何個もあり、それを開けていけるということです。また、様々な役を演じるにあたって、日常生活の全てが材料になるところもとても楽しいと感じます! 大変なことは、オーディションなどで自分を全て出し切るところだと思います。緊張や不安、欲などたくさんの感情が生まれる中で自分を見せにいくことが、魅力でもあり、大変さでもあると思います」

――今後の夢、目標

【古川あかり】「私の夢は、幅広く活躍するミュージカル女優になることです。映像も舞台にも立てるよう、日々の生活やレッスンに取り組んでいきたいです。いつか、憧れの新妻聖子さんと同じ舞台に立てるように頑張ります」

◆担当マネージャー・スタッフからのイチ押しポイント◆
「現在、ボイトレ、演技、日舞、ダンス、アクションをレッスン中で、オーディションにも果敢にチャレンジしており、3月OA予定のドラマもオーディションで勝ち取りました。とても感受性が豊かで今後が楽しみです」

【プロフィール】
古川あかり(ふるかわ・あかり)●2005年12月28日生まれ、神奈川県出身。15歳。趣味:映画鑑賞・ミュージカル鑑賞・カラオケ、特技:歌うこと・ネイル作り。主な出演作は、映画『FamilyHome』(パイロット版)主演:一ノ瀬茜役(2020年)、ラジオ日本『DJ’Sファイル』(2020年)ほか。
    ニュース設定