岡田准一カラーグラビア掲載『婦人公論』 BTSの魅力に迫る特集も

1

2021年01月24日 12:02  リアルサウンド

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真『婦人公論』2021年2月9日号
『婦人公論』2021年2月9日号

 女優・松坂慶子が表紙を飾る『婦人公論』2月9日号が、2021年1月26日に中央公論新社より発売される。


関連:【インタビュー】BTSの音楽の魅力は“オーセンティシティ”にあり 『BTSを読む』著者キム・ヨンデ、インタビュー


 今号は、岡田准一がカラーグラビアに登場。デビューから25年。俳優としてもキャリアを積み、今やアクション映画に欠かせない存在となった岡田。最新主演映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』の公開を前に、芝居にかける思いを語った。


 また、世界中が熱狂するBTSの魅力を紐解く特集も。BTSの歌詞に注目する詩人の白石公子氏、国内外の音楽事情に詳しい音楽評論家の湯川れい子氏、『BTSを読む』の著者であり音楽評論家・文化研究者のキム・ヨンデ氏に取材。ファンたちの声とあわせ、魅力の秘密に迫る。


 特別付録として「中津川りえの傾斜宮占い 2021 開運習慣篇」がついてくる。


    ニュース設定