東映の新配信ブランドXstream46開始、刺激的なジャンルを展開

0

2021年01月24日 12:03  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真「暴力無双 -サブリミナル・ウォー-」
「暴力無双 -サブリミナル・ウォー-」
東映株式会社が新配信ブランド「Xstream46」を始動させることを発表。第1弾作品は、坂口拓主演・アクション監督「暴力無双 -サブリミナル・ウォー-」に決定した。

同配信ブランドは、極限・過激を示す“エクストリーム”と、映像配信を示す“ストリーミング”の2つの意味が込められ、バイオレンス・ギャンブル・エロ・ホラーなど、刺激的なジャンルの配信番組を制作。


人間の集中力の限界とほぼ同じ46分の中に見どころを詰め込み、ノンストップのエンターテイメントを配信ファーストでユーザーに届けることをコンセプトに置いている。

なお、スタートを飾るのは、バイオレンス・アクションをテーマにした「暴力無双」。多くの受賞歴を持つ榊英雄が監督と役者を兼任するほか、松田賢二、浅井星光、津田寛治、木下ほうからが出演。本作について坂口さんは「20年前に『VERSUS』という映画で出会った仲間がそれぞれ歳をとり、役者を辞めた人もいれば続けてる人もいる。この作品でほぼ全員が参加して同窓会のような気持ちでこの作品を制作できた事に感謝しております」とコメントしている。


そして、坂口さんの匠な身のこなし、携帯を片手に鮮やかに敵を撃破する榊さんなど、衝撃の予告編も到着した。


ほかにも、YouTubeの東映によるXstreamな公式チャンネル「Xstream theater」にて、本編の配信同日より企画動画を毎週1本追加予定(第1弾のみ正午配信。第2弾は1月29日21:00配信予定)。

●「暴力無双 -サブリミナル・ウォー-」あらすじ
組織から距離を置き、愛する女性との幸せな日々を過ごす元・暗殺者のナックル(坂口拓)。だが、その日々は突然終わりを迎える。洗脳されて一般人として暮らしていたかつての仲間の暗殺者たちが次々と覚醒。職場の上司だろうが、ヤクザだろうが、相手構わず暴れまくり、ナックルの周辺にも迫ってきていた。さらわれた愛する女性を救うため、ナックルはかつての仲間たちが待ち受ける約束の森へと向かう。


「暴力無双 -サブリミナル・ウォー-」は1月24日(日)よりMIRAIL、iTunes Store、Google Play、Amazonプライム・ビデオ、TELASA、dTVほかにて配信開始。
 ※この作品には暴力シーンやグロテスクな表現が含まれています
 ※TVOD、ESTのみ
 ※配信時期は各種配信事業社にて異なります

(cinemacafe.net)
    ニュース設定