明石家さんま、松本人志とのコンビは「絶対、面白くない」と断言も「大ボケをやってくれるなら成立するかも」

1

2021年01月24日 15:41  Techinsight Japan

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

写真明石家さんまと松本人志、もしコンビを組んだら“ツッコミ”役は譲れず
明石家さんまと松本人志、もしコンビを組んだら“ツッコミ”役は譲れず
お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志(57)が、先日出演したテレビ番組で「もし違う人を相方にするなら誰が良いか?」と聞かれ「(明石家)さんまさんかな」と答え、もしコンビを組んだ場合は「(自分が)ツッコミになると思う」と話していた。この“さんま×松本”という夢のようなゴールデンコンビ案にネット上では「一回見てみたい!」という声が多かったが、さんま自身はどう思ったのだろうか。

23日放送の『MBSヤングタウン』(MBSラジオ)でリスナーから「さんまさんは、松本さんと組んだらどうなると思いますか?」とのメールが届くと、開口一番「絶対、面白くないですよね」と明石家さんま(65)は断言している。この点については松本人志も同じ意見で、さんまとコンビは組んではみたいが「たぶん全然面白くないです」と予想していた。

さんまは若い頃、引退した島田紳助さん(64)とよく一緒にスーパーやデパートに営業に行ったのだが、観客のウケが悪かったそうだ。舞台で喋り始めると「俺はこんな話あるぞ」「俺にも」と相手を笑わそうと必死になり、お客さんの反応は全く無視。2人は楽しくて仕方がなかったが、一部のコアなお笑い好きを除いて大多数の観客は笑っていなかったというのだ。あまりに観客のウケが悪いので、営業が終わった2人を駅まで送ることをデパートの社員に拒否されたこともあった。だが「俺が喋ったら紳助がゲラゲラ笑ろて、“今のうまい、うまい”とか言うて」と紳助さんと一緒に立った舞台は、さんまにとって決して忘れられない良き思い出になっているのだ。

もし松本と組むなら「徹底して、アイツがボケる」というのがさんまの案で、「俺に頭を叩かれようが何されようが、すごい大ボケをしてくれるんだったら成立するかもしれない」というものだった。松本の考え方とは真逆だが、さんまは「(松本とは)笑いの作り方が全然違う」と話しており、もし2人がコンビを組む場合はどちらがネタを作るかがポイントになるようだ。
(TechinsightJapan編集部 みやび)
    ニュース設定