【麒麟がくる】風間俊介、“干し柿”エピソードに感慨「初めから見直したら、また面白い」

11

2021年01月24日 20:45  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真大河ドラマ『麒麟がくる』第42回(1月23日放送)沖に出た船の中で光秀と話をする徳川家康(風間俊介) (C)NHK
大河ドラマ『麒麟がくる』第42回(1月23日放送)沖に出た船の中で光秀と話をする徳川家康(風間俊介) (C)NHK
 24日にNHKで放送された大河ドラマ『麒麟がくる』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)第42回「離れゆく心」では、明智光秀(長谷川博己)が羽柴秀吉(佐々木蔵之介)とバチバチな感じのやり取りをしたかと思えば、鞆の浦にいる足利義昭(滝藤賢一)や三河の徳川家康(風間俊介)と会い、織田信長(染谷将太)との溝を深めていった。緊迫したシーンが続く中で、家康役を演じる風間から、光秀とのシーンについてコメントが届いた。

【写真】秀吉が放った追っ手から無事逃げ切った菊丸(岡村隆史)

 「家康はこのシーンで、明智様に自分の国や人生を賭けた決断を相談しますが、三河を束ねる一国のあるじとしてではなく、幼いころに干し柿をもらったことのある、戦国を生きるひとりの男として相談しているのではないかと思います。肩書きや地位を脱ぎ捨てて話ができるのは、きっと明智様だけではないでしょうか。このシーンの会話は、竹千代が初めて明智様に会った時の話から始まります。あの干し柿のシーンがここにつながっているとは…。『麒麟がくる』をすべてご覧いただいた後、もう一度初めから見直したら、また面白いのではないかと思います」。

 第4回でまだ幼かった家康(幼名:竹千代)に、光秀が干し柿をあげた架空のエピソードへの感慨を語っている。

このニュースに関するつぶやき

  • 信長のパワハラぶりが、無惨に見えて仕方ない((((;゚Д゚)))))))終わっちゃうと思うと淋しいなぁ…
    • イイネ!6
    • コメント 0件
  • 次回予告で流れた帰蝶さまの科白が凄く気になってね。「まさかの帰蝶さま黒幕説?」みたいな。確かにそれだと全く新しい形になりますが。
    • イイネ!14
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(7件)

ニュース設定