<芸能プロダクション2021年イチ押し新人>ピーナッツプロモーション・渡邉香那、目標は「舞台でも映像でもマルチに活躍できる女優になること」

0

2021年01月25日 12:22  デビュー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

デビュー

写真渡邉香那(ピーナッツプロモーション所属)
渡邉香那(ピーナッツプロモーション所属)
 2021年1月期ドラマが続々とスタート。様々な作品でこれからのエンタメ界を担うであろうネクストブレイクが起用されている中、新人開発に積極的な芸能プロダクション各社が今年プッシュする注目の新人を紹介。所属者とのコミュニケーションを大事にし、各々の個性に合ったプロモーションを行っている芸能プロダクション「ピーナッツプロモーション」の『イチ押し新人』渡邉香那を、本人のインタビュー&担当マネージャー・スタッフの取材とともにクローズアップ。一度は女優になる夢を諦めかけたという渡邉だが、「大学生になって自分の本当にやりたいことは何かと考えた時に、女優になるという夢を諦めることができませんでした」と、女優という夢への想いを語った。

【写真】渡邉香那の全身カット

【ピーナッツプロモーション所属:渡邉香那】

――デビューのきっかけは?

【渡邉香那】「小学生の頃から女優になることに憧れていて、中学生の頃は子役の養成所に通っていました。しかし高校生になって部活動に夢中になり、一度は女優になるという夢を諦めかけましたが、大学生になって自分の本当にやりたいことは何かと考えた時に、女優になるという夢を諦めることができませんでした。そこで、自分で何度もオーディションに応募し、『デビュー』を通じて今の事務所からお声がけいただいたのがきっかけです」

――芸能界に憧れたきっかけ

【渡邉香那】「小学5年生の頃にミュージカル『アニー』のオーディションのメイキング映像を見て憧れたのがきっかけです。私は元々ダンスをやっていて、人前でパフォーマンスをすることが大好きでした。その時に自分と同じくらいの年齢の子達が大きな舞台に立って、お芝居をしたり、歌ったり、踊ったりする姿をみて、自分もやってみたい!と思いました」

――このお仕事の魅力や楽しさは?

【渡邉香那】「まだ舞台に立った経験しかないのですが、お客様と心が通じる瞬間が最高に楽しいなと思います。稽古がどんなに大変でも、お客様に喜んで頂けることを想像すれば、何でも頑張れます。自分が表現したいと思ったことが、お客様に伝わると、とても嬉しいです」

――大変だなと感じること

【渡邉香那】「どの業界にも共通して言えることではありますが、体力勝負な部分があるので、体調をいつでも万全の状態にすることが大変だと思います。それに加えて、容姿も商品の一部になるため、宣材写真の容姿をキープしなくてはならないのが少し大変かなと思います」

――今後の夢、目標

【渡邉香那】「私の目標は、舞台でも映像でもマルチに活躍できる女優になることです。『帝国劇場の舞台に立ちたい!』『NHKの朝ドラに出たい!』など大きな夢がいっぱいあります。目の前のひとつひとつの活動を一生懸命に行い、少しずつ夢を叶えていけたらと思っています。応援よろしくお願いします!」

◆担当マネージャー・スタッフからのイチ押しポイント◆
「事務所に所属したての新人です。やる気に満ち溢れております。どんなことにも一生懸命頑張れる力を持っておりますので、今後にご期待ください!」

【プロフィール】
渡邉香那(わたなべ・かな)●1999年9月12日生まれ、東京都出身。趣味:ミュージカル・映画鑑賞・歌うこと・踊ること・アイドル鑑賞。特技:ダンス(小3〜高3:JAZZ、ROCK、HIP-HOP、タップ)・水泳(幼稚園〜小5)・犬の鳴きまね・走ること。出演歴:リーディングミュージカルライオン(犬・語り手役)。舞台「七人の部長(生徒会長役)。
    ニュース設定