アルファタウリ・ホンダF1のガスリー、23戦の過酷なシーズンに備えハードトレーニング中

0

2021年01月27日 15:11  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真グランプリ期間中にトレーニングをするピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
グランプリ期間中にトレーニングをするピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
 アルファタウリ・ホンダF1チームのドライバー、ピエール・ガスリーは、オフシーズンの間、懸命に身体トレーニングに取り組んでいる。23戦が予定されているシーズンに備え、プログラムを増やしているのだ。

「もちろんシーズン中はできる限り体力を維持するし、そうしようと努力する」とガスリーは語った。

「でもオフシーズンのトレーニングの方がずっとハードだ。シーズン中は、身体コンディションを整えることに集中する。(2021年には)23レースある。これまで経験のないことだし、楽ではないと思うよ」

 シーズンの準備として、ガスリーはシミュレーター作業にも取り組んでいる。また、またチームのエンジニアやデザイナーとともに、マシンの何がうまく機能し、何が機能しなかったかについて、2020年シーズンの見直しをしているということだ。

 ガスリーは2020年イタリアGPでF1での初優勝を達成した。チームは合計107点という、トロロッソ時代からのチーム史上最高得点を上げたものの、コンストラクターズ選手権では7位にとどまった。

「今年競争力を発揮するために何が必要か、より明確に知る必要がある」とガスリーは語った。

「昨年は何度かポイント獲得の機会を逃し、大きな損失になった。なんらかの理由でペースを発揮できなかったんだ」

「常にトップ10に入れるような一貫性が必要だし、チャンピオンシップでそれ以上の順位を目指して戦わなければならない」

 2021年、アルファタウリ・ホンダは、ガスリーと角田裕毅の新ペアで、さらなる好結果を目指し、熾烈な中団争いのなかで戦う。
    ニュース設定