ジープ、主力4車種にブランド80周年記念の限定車“80th Anniversary Edition”を設定

0

2021年02月05日 18:31  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真主力モデルの『Renegade(レネゲード)』『Wrangler(ラングラー)』『Wrangler Unlimited(ラングラー・アンリミテッド)』『Cherokee(チェロキー)』に限定車
主力モデルの『Renegade(レネゲード)』『Wrangler(ラングラー)』『Wrangler Unlimited(ラングラー・アンリミテッド)』『Cherokee(チェロキー)』に限定車"80th Anniversary Edition(80thアニバーサリーエディション)"を設定
 1941年に軍用車両として誕生し、世界的な4×4ブランドとしてシーンを牽引してきたジープは、2021年に創立80周年を迎えるのを記念し、主力モデルの『レネゲード』『ラングラー』『ラングラー・アンリミテッド』『チェロキー』に限定車“80th Anniversary Edition(80thアニバーサリーエディション)”を設定。4月発売のレネゲードを除き、2月11日より発売を開始する。

 2020年にも登場告知と投票キャンペーンがアナウンスされていたとおり、ブランドの特別な1年を記念するスペシャルなボディカラーや装備を採用した限定車が登場した。

 各モデルに採用されたボディカラーは、約4万件に達した投票により決定されたもので、全モデル共通のコンセプトカラーであるグラナイトクリスタルメタリックC/Cに加えて、モデルごとに通常はないボディカラーが設定された。

 エクステリアでは、限定車の専用装備となるバッジやグラナイトアクセント付18インチアルミホイールを装着。一方、全モデルがブラックを基調とするインテリアでは、初代“Jeep Willys”のタグ付きレザーシートや、“80thアニバーサリー”タグ付フロアマットが採用されている。

 オフローダーの旗艦である『ラングラー/ラングラー・アンリミテッド 80thアニバーサリーエディション』は、豪華仕様の“サハラ”をベースとし、ダークグレーアクセント入りのフロントグリルやヘッドライトベゼル、80thアニバーサリースイングゲートプレート、グレー/ブラックカラーのJeepバッジならびにTrail Ratedバッジを装着。インテリアでは80thアニバーサリーセンターコンソールバッジが備わるなど特別感が演出された。

 また、サハラベースの2ドアの導入は現行モデルでは初となっており、ボディカラーはアーミーな雰囲気を強調するサージグリーンC/Cを採用。4ドアのアンリミテッドでは、同じくサージグリーンC/Cに加えて、スナッズベリーP/CとブラックC/Cが選出された。

■レネゲードとチェロキーには、デュアルペインパノラミックサンルーフも装備

 一方、上級グレードの"リミテッド"をベースとした『チェロキー 80thアニバーサリーエディション』は、グラナイトクリスタルのフロントグリルおよびフォグランプベゼル、ドアミラー、グラナイトアクセント付ボディ同色フロントバンパー、ボディ同色のフロントフェイシアおよびホイールフレアを採用。

 そのほかにも、シルモールディング、ダークグレーのルーフレール、ブラックのデイライトオープニングなどを装備し、インテリアではアノダイズド・ガンメタルインテリアアクセントが採用された。

 こちらもボディカラーにはコンセプトカラーの外装色に加え、ライトブラウンストーンP/C、ダイアモンドブラッククリスタルP/Cが選ばれている。

 そして遅れての導入が予定される『レネゲード 80thアニバーサリーエディション』も、ベースには装備充実の“リミテッド”グレードが選ばれ、フロントにはダークグレーグリルを装備。内装には80thアニバーサリーインストルメントパネルバッジやアクセントやグロスブラック・ステアリングホイールベゼル、ブラックヘッドライナーが採用されている。

 注目のボディカラーには、スティンググレーC/C、カーボンブラックメタリックC/C、そしてビキニメタリックC/Cの3色が設定された。

 これらのうち、クローズドボディとなるレネゲードとチェロキーには、乗員全員が自然との一体感を味わえるデュアルペインパノラミックサンルーフも装備されるなど、個性豊かなラインアップがそろう。

 全モデル共通のグラナイトクリスタルメタリックC/Cを含めて各カラーとも台数限定の導入となり、価格は2ドアのラングラーが583万円(限定110台)、4ドアのラングラー・アンリミテッドは616万円(同350台)で、チェロキーは522万3000円(同150台)、そして4月導入予定のレネゲードが388万円(同350台)となっている。

■『80th Anniversary Edition』公式サイト:
ラングラー:https://www.jeep-japan.com/special_models/wrangler-80th.html
チェロキー:https://www.jeep-japan.com/special_models/cherokee-80th.html
レネゲード:https://www.jeep-japan.com/special_models/renegade-80th.html
    ニュース設定