【麒麟がくる】総合視聴率20%超えの大台 過去3作を上回る

31

2021年02月16日 12:44  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真長谷川博己 (C)ORICON NewS inc.
長谷川博己 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の長谷川博己が主演を務め、7日に最終回を迎えたNHK大河ドラマ『麒麟がくる』(全44回)の期間平均総合視聴率が関東地区で20.2%、関西地区で20.6%だったことが16日、わかった(視聴率はすべてビデオリサーチ調べ)。

【動画】長谷川博己のラストメッセージ

 同ドラマは、キャスト交代による再撮影の影響で、予定より2週遅れの2020年1月19日に第1話が放送され、関東地区19.1%(世帯)、関西地区19.3%(世帯)でスタート。新型コロナウイルスの感染拡大により3ヶ月の撮影中断、20年6月14日〜8月23日まで11週にわたる放送休止、台風10号による休止(9月6日)もあったが、全44回の平均は関東と関西ともに14.4%だった。タイムシフト視聴率は、関東で6.6%、関西で7.2%を記録した。

 7日の最終回は、関東で総合視聴率23.7%(リアルタイム視聴率18.4%、タイムシフト視聴率6.6%)、関西で24,7%(リアルタイム視聴率18.2%、タイムシフト視聴率8.2%)だった。

 全話平均総合視聴率は、2017年の『おんな城主 直虎』が17.3%、18年の『西郷どん』が18.0%、19年の『いだてん』が11.2%で、過去3作を上回った(関東地区データ)。

このニュースに関するつぶやき

  • 明智光秀の人物観を一変させた良い作品でした。ただ惜しむらくは本能寺の変の直前が早送りで、丹波平定をしっかり描いて欲しかった。光秀の母殺害という悲劇が省略されてしまった。信長への恨みを増した要因になり得た。
    • イイネ!2
    • コメント 2件
  • 彼の存在感も大きいかな。絵が締まると言うか。他の作品にも言えるけど、史実の是非は別にして、それがあるモノとして、楽しんだ方が、こう言うドラマは面白いと思います。
    • イイネ!14
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(19件)

ニュース設定